スポンサードリンク

時間がない人でもできる一人暮らし自炊料理のレシピ


一人暮らしの自炊料理のレシピについて考えてみたいと思います。
一人暮らしとひとことでいっても、暮らしぶりは人それぞれに違い、
学生の一人暮らし、単身赴任者の一人暮らし、
高齢者の一人暮らし、男性の一人暮らし、女性の一人暮らしと様々です。
自炊に対する考え方も暮らしぶりによって違うでしょうが、
それでも食べることは生きていくうえで欠かせない生活の基本ですし、
健康管理という面でも食べることはとても大切な行為です。
ですから、どのような状況の一人暮らしであっても、
食事を軽視することは健康な生活を送るうえで非常にマイナスになります。
そういった観点から、もう一度、自分の食生活について見直してみましょう。
一人暮らしの食生活は、どうしても食事が不規則になったり、
栄養バランスが偏ったものになりがちです。
しかし、身体の健康を保つためには、バランスの取れた食事を規則正しく取る
ということがとても大切であることはいうまでもありません。
若いうちは栄養の偏った食生活で特に支障がなくても、
年齢を重ねた時に生活習慣病などのツケが必ず身体に返ってきますよ。
ですから、若いうちから食生活には気を遣うことが大切なのです。
一人暮らしの食生活は、ついつい外食が多くなったり、
コンビニ弁当やファストフードで食事を済ませてしまいがちになります。
しかし、外食、コンビニ弁当、ファストフードばかりの食生活は、
栄養も偏るうえ保存料や化学調味料過多で健康的にも良くありません。
健康的な食事は、新鮮な旬の食材を素材の良さを生かして調理したもの
という、自然の摂理に極力沿ったものでなければなりません。
そういうと、何か大層な立派な料理を想像してしまうかもしれませんが、
自炊をすれば簡単に理想的な料理レシピが実現できますよ。
自炊をして料理を自分でつくることで野菜不足も補えますし、
栄養的にバランスの取れた健康に良い食事をとることができます。
健康なときは健康の大切さをついつい忘れがちになりますが、
健康であることに感謝し、バランスの取れた食事を取るように心がけましょう。
一人暮らしで自炊による食事づくりを長続きさせるにはコツがあります。
まず、料理が楽しく思わず料理をしたくなるような環境をつくる
ということが大切ですね。
そのためには、キッチンシンクなど流しの水周りをいつも清潔にしておく
ということを心がけましょう。
キッチンが乱雑で汚いままでは料理なんてする気になりませんからね。
当然ですが、食事が終わった後の食器はこまめに洗い、
冷蔵庫内はいつもキレイに整理しておきましょう。
冷蔵庫内に残った食材を腐らせてしまったりすると、
料理をする気も失せてしまいますから。
料理は簡単に楽しくできるもレシピをいくつかストックしておくといいですよ。
最初から凝った料理を作ろうとすると長続きせずに挫折しがちです。
それより簡単で美味しい料理をこまめに作り、
料理を習慣にすることが大切なのです。
そこで、簡単で楽しい一人暮らしの食事レシピを紹介します。
ひとつ目は一日の活力を支えるパワーブレックファストにピッタリな
「ホットサンドと健康野菜ジュース」の朝食です。
忙しい朝にピッタリのレシピだと思いますよ。
野菜ジュースはりんご、、オレンジ、トマト、セロリなどお好みの野菜を
ジューサーミキサーにかけるだけで十分。
素材の野菜の持つ自然の甘味を楽しんでください。
ジューサーミキサーは、ジュースを作る以外でも、
野菜を効率よく沢山採れる調理法に大変便利なので、
一台持っているととても役に立つ調理器具のひとつです。
ホットサンドは、厚切りパンをこんがりトーストして、
キャベツ炒めとボイルしたソーセージをはさみ、
お好みでケチャップやマスタードをぬれば出来上がり
という超簡単レシピです。
簡単な料理にもかかわらず、食物繊維もたっぷりとれるので、
健康にもよい食事ですので、忙しい朝にはピッタリのレシピですね。
ふたつ目は「豚ばら肉とキャベツのトマト煮」です。
こちらはパンにもあう健康によいレシピです。
キャベツは最後に入れて、歯ざわりを残すのがこのレシピのポイント。
トマトの酸味が豚バラ肉の脂の甘味とマッチして、
とても相性がいい取り合わせですよ。
ごはんのおかずにはもちろん、ホットサンドの具としても
ピッタリの万能レシピではないでしょうか。
一人暮らしの自炊は、材料費などの点で不経済だと言われますが、
工夫して材料を効率よく使いまわすことで、
美味しい料理を経済的に楽しむことができます。
そのうえ、健康増進に繋がるとしたら一石二鳥以上の効果がありますよね?
そんな耳寄りなレシピと調理のコツをプロが公開していますよ。
 ⇒ Naokoクッキングプログラム「激ウマ節約料理法」

一人暮らしの食事と自炊料理のコツ・注意点について


一人暮らしの食事と料理について考えてみたいと思います。
一人暮らしの食事と料理については、生活スタイルによって
考え方が大きく分かれるところです。
大きく分ければ、自炊派と外食派に分かれると思いますが、
それによって一人暮らしの食事と料理についての考えも変わってきます。
コンビニが普及する以前は、食料品を扱う店舗や外食用の飲食店の
営業時間等が限られていたため、自炊をするにしろ外食をするにしろ、
一人暮らしの食事と料理をどうするか、ということについては、
結構大きな問題だったような気がします。
しかし、最近では近くに必ずといってもいいほどコンビニがありますし、
そこそこの値段で食事を提供してくれる外食店も増えていますので、
一人暮らしといえども食事で頭を悩ますことは少なくなりました。
一人暮らしをしている知り合いの家へ行って冷蔵庫を開けたら、
中身は清涼飲料水などのペットボトルだけだった、という話もよく聞きます。
極端にいうと、料理を一切しなくても一人暮らしの際の食事には事欠かない
というのが現実となっています。
しかし、そうは言っても、健康面などのことを考えれば、
やはり自炊にもチャレンジした方がいいことは言うまでもありません。
外食はどうしても栄養に偏りが出ますし、一般的に味付けも濃いので、
外食ばかりの偏った食生活を続けると
肥満や生活習慣病の原因にもなりかねません。
健康的な食生活を心がけるなら、一人暮らしでも時々は自炊をして、
栄養バランスのよい食事を摂るようにした方がいいと思いますよ。
一人暮らしの場合、どうしても食生活の栄養バランスが偏りがちになるので
出来れば玄米や発芽玄米などの、ギャバやビタミンなどを多く含む
栄養価の高いお米を混ぜて炊いて食べると、
健康管理に大変効果があると言われています。
また、緑黄色野菜やビタミン・ミネラルの豊富な海藻類なども
でるだけバランスよく食べるようにしましょう。
さて、一人暮らしの食事で自炊をするといっても、
料理が苦手で自炊をする気になれないという方もいるかもしれません。
そういった方は、まず料理する習慣をつけることから始めましょう。
料理といっても、他人にふるまうわけではないのですから、
凝った料理ではなく、まずは簡単なレシピから挑戦してみましょう。
一人暮らしの自炊料理のポイントは、
手間をかけずわかりやすいレシピを、
楽しみながら美味しい料理をつくるようにすることです。
最初のうちは毎日料理する事は難しいかもしれませんので、
時間のある時、気の向いた時に自炊してみる、
といった感じでいいと思います。
一人暮らしの自炊料理の際に注意するポイントとしては、
料理レシピとして公開されているものは、ほとんどが家族向けの分量で
4人分とかの記載になっていますので、
調味料の分量が分からなくなりがちです。
ネットで調べると一人分の分量のレシピも公開されていますので、
一人暮らし用の料理レシピを活用すると良いでしょう。
また、一人暮らしの自炊は、材料をまとめ買いできないので、
意外と不経済になりがちといわれています。
食材を経済的に使いきれるよう、メニューの組み合わせなどを
上手に考える必要もありますね。
料理が苦手な人は、厨房のアルバイトを経験してみるという方法もあります。
厨房でアルバイトをすると、賄い料理で食費も浮きますし、
包丁の使い方も覚えられたり、料理のコツも分かりますのでお勧めです。
いずれにしても、一人暮らしの自炊料理は、
偏りがちな食事の栄養バランスを整え、しかも節約生活にもつながります。
一人暮らしの皆さんは、ぜひ料理作りに挑戦してみてくださいね。
 ⇒ Naokoクッキングプログラム「激ウマ節約料理法」
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。