スポンサードリンク

女性が通り魔に狙われやすい行動と服装とは?


女性の一人暮らしでは防犯対策が非常に重要ですが、
女性の場合、ひとり暮らしであろうがなかろうが、
通り魔などに襲われないように日々の行動や服装など
防犯対策には注意を払う必要があると思います。
そこで、今回は女性が通り魔に狙われやすい行動と服装
という観点から女性の一人暮らしの防犯対策を解説します。
まず、通り魔などは、無差別に相手を狙っているように見え、
実際に犯行後も「相手は誰でもよかった」などと供述していますが
実際にはきちんと相手を選んで襲っているのです。
「相手は誰でもよかった」というのは、もう少し正確にいえば
「自分より弱そうな相手、襲いやすそうな相手なら誰でもよかった」
ということで、通り魔被害に遭うのは多くの場合、
老人や女性といった無防備で反撃しそうもない方々です。
そこで、女性の一人暮らしの防犯対策として
通り魔の被害に遭わないようにするために気をつけるポイントですが、
私は警戒していますという無言のアピールに心がけるようにします。
ひったくり犯は8割から9割が背後から接近してきます。
また、泥棒が侵入を諦める一番の理由は顔を見られた時です。
通り魔も、顔を見られたり警戒している相手を襲うことは避ける
という傾向が強いことから、人けのない道を歩いているときなど、
背後からの接近には壁を背にして振り返ることが効果的です。
逆に携帯電話の通話やメールに夢中になっていたり、
音楽を聴きながら無防備に歩いているなどは格好のターゲットです。
特に、最近のポータブルステレオのヘッドフォンは
周囲の音が聞き取りにくくなっていますので危険です。
服装にしても、勝ち組をアピールするような服装、
例えばブランド品で着飾っていたりするなどは、
格差社会に置いてきぼりにされた通り魔予備軍の神経を逆撫でする
という危険性も大きいため、無謀ともいえます。
また、スカートよりパンツルック、ハイヒールよりスニーカーの方が
女性と認識されにくく、狙われるリスクも軽減されます。
あまり神経質になりすぎるとお洒落もままならない、
ということにもなってしまいますが、少なくとも、
襲われるリスクというものを常に理解して、
気持ちの上での警戒を怠らない、ある意味野性的な警戒心を持つことが
これからは女性の一人暮らしでの防犯対策として必要だと思います。

安全な女性の一人暮らしのための注意点と防犯対策


女性の一人暮らしは、一般的な一人暮らしの防犯対策以上に
慎重な防犯上の注意が必要になります。
女性の一人暮らしにはホームセキュリティ、
防犯という意識を持つことが大切なのです。
そこで、女性の一人暮らしの防犯上の注意点について解説します。
まず、ひとり暮らしは部屋が留守になりがちですから、
留守中を狙った空き巣などの侵入や、待ち伏せに注意が必要です。
大切なのは女性の一人暮らしであることを悟られないことです。
表札やポストにフルネームを書くことは危険です。
対策としては、表札には何も書かないか、
マンションなどの決まりで書かなければならない場合は、
苗字だけを書くか、もしくはお父さんや兄弟の名前など
男性の名前を書くなどして、女性の一人暮らしであるということを
知られないようにすることが大事です。
また、ポストには必ず鍵をつけるようにしましょう。
女性宛ての宛名の郵便物を見られてしまえば、
上記の対策は効果が薄いものとなってしまいます。
自宅に帰ったとたん、安心して注意を怠るのも危険です。
自宅に辿り着きホッとして、気を抜いた瞬間におそわれる
というケースが多いのです。
女性を狙った犯罪者は、そういった女性の心理上の隙を狙い
待ち伏せていますので気をつけてください。
そこで、次のことに注意しましょう。
玄関を開けると同時に犯人に押し込まれることがあるため、
玄関を開ける前に必ず周囲を確認するようにします。
玄関ドアにはワンドア・ツーロック以上の鍵を取り付け、
ピッキング対策やサムターン回し防止のための対策もしておきます。
安全に思えるオートロック式のマンションですが、
オートロックが開いているわずかな間に一緒に入られるケースもあるので、
必ずその手前で周囲の安全を確認しましょう。
また、オートロック式は外部からの侵入に完璧なシステムではないので、
中に入っても周囲への注意は怠らないことが重要です。
エレベーターの中は密室なので、エレベーターにも注意が必要です。
エレベーター内でおそわれるというケースは多くありますので、
乗降時には特に注意し、知らない男性と2人で乗る状況は避け、
女性の人と一緒に乗るようにしましょう。
女性の一人暮らしの防犯には、生活スタイルを知られないことも大切です。
週に何日かは、室内の電灯やテレビ等をつけたまま外出したり、
タイマーで帰宅時間より早い時間から照明が灯るようにするなど、
同居者がいるように装うことで、防犯対策になると思います。
また、一人暮らしをする上での立地条件も大切です。
女性の一人暮らしは、防犯上の環境が優れた地域や建物を選び、
できる限り1階の部屋は避けるようにした方がいいでしょう。
また、窓やベランダ、玄関などが近隣の建物と接近している物件も
避けた方が賢明です。
こうして見ていくと、安全な女性の一人暮らしの条件を満たすには
非常に多くの条件がありますが、治安の悪化傾向が強まる中では、
女性の一人暮らしには細心の注意が必要になると思います。

女性の一人暮らしの防犯の注意点とチェックポイント


独り暮らしといえば、まず注意しなければならないのは防犯です。
特に女性のひとり暮らしでは、防犯面が最も重要ともいえます。
最近では一人暮らしの女性を狙った犯罪も後を絶たないので、
女性の方で一人暮らしを検討されている方は、
特に防犯面には細心の注意を払わなければなりません。
いうまでもなく、一人暮らしでは自分の身は自分で守るしかないので、
日頃から防犯意識を高めておくことが大切になります。
一人暮らしの防犯対策としては、
・戸締りをしっかりと(玄関のチェーンも忘れずに)。
 チャイムが鳴っても、誰なのかを確認してから鍵を開ける。
・部屋に大金を置かない。
・ポストに鍵をつける(無理なら日に何度か中の郵便物を回収して、
 郵便物をポストに残しておかない)。
・女性の場合、ダミーでよいのでベランダに男物の下着を干しておく。
・おかしいなと思ったらすぐに鍵を交換する。
・女性の場合、駅から後をつけられているという可能性もある
 夜道を歩くときは電話を片手に。近道でも人通りの少ない道は通らない。
 また、iPODなどで音楽を聴きながら夜道を歩くことも、
 背後からの接近など周囲の状況が分かりにくいことから大変危険です。
・防犯ブザーなどの防犯グッズを持ち歩く。
・特に女性の場合、表札やポストにフルネームを書くことは危険。
 表札に何も書かないという方法もありますが、
 マンションなどの決まりで書くときは、苗字だけにするか、
 もしくはお父さんの名前を借りて男性の名前を書くなど、
 女性の一人暮らしであることを知られないようにしましょう。
・公共料金の明細や宛名の書かれたハガキ・封筒などは、
 そのままゴミ袋に入れて捨てない。
 本人の名前、住所、差出人の名前…が犯罪に悪用される可能性あり。
・ゴミ捨てなどで短時間部屋を出るときにも必ず鍵をかける。
・洗濯した下着を近所や道路などから目につくところに干さない。
・暑い夏の夜、一階でなくとも、部屋の窓を開けたまま寝ない。
 6階、7階などの上階でも、配水管などを伝って侵入された
 という例が多くあります。
などが基本的な防犯対策です。
また、最近普及しているオートロックのマンションなども、
防犯対策上は決して万全といえるものではありません。
オートロックは、居住者の後について入ることで、
部外者が容易に建物内に侵入できてしまうのです。
一旦侵入を許すと外部からは遮断された空間となるので、
オートロックを妄信することは防犯上非常に危険です。
また、玄関ドアに新聞などの郵便受けがある場合は、
ドアの内側に目張りをして郵便受けから室内が見えないようにします。
他にも色々とあるでしょうが、女性の一人暮らしの場合は、
あらゆる事態を想定して防犯に努めることが必要だと思います。

▽▽▽人気ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ
ありがとうございます。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。