スポンサードリンク

一人暮らしの冷蔵庫選びのポイントと設置場所の注意点


一人暮らしをする上で必需品の家電製品のひとつが冷蔵庫です。
最近はコンビニエンスストアが普及しましたので、
以前ほど冷蔵庫は必需品ではないとはいうものの、
やはり自宅に冷蔵庫がないというのは生活には相当不便ですので、
冷蔵庫は一人暮らしの家電製品では必需品のひとつだと思います。
一人暮らしでの冷蔵庫選びのポイントは何といっても容量でしょう。
一人暮らしでは部屋数やスペースも限られているため、
居住空間を効率よく利用するためには、冷蔵庫の容量も
できるだけコンパクトにしたいと考えるかもしれません。
しかし、冷蔵庫の場合、ただ小さければいいのかというとそうでもなく、
冷蔵保存したいものが入りきらなかったり、電気代が不経済だったりと、
大きさだけで決めてしまうとかえって無用の長物になりかねません。
そこで、一人暮らしの冷蔵庫選びのポイントについて解説してみます。
一人暮らしで使う冷蔵庫選びの最重要ポイントの容量ですが、
最適な冷蔵庫の容量の計算式を
大手家電メーカーのNationalが公開しているので
その数式に基づいて考えてみましょう。
冷蔵庫の容量=(70リットル<一人当たり容量>×n<家族の人数>)
+100リットル<常備品容量>+70リットル<予備容量>という数式です。
この最適な冷蔵庫の容量を求める計算式に一人暮らしを当てはめてみると、 
(70リットル×1人)+100リットル(常備品)+70リットル(予備)
=240リットルとなり、一人暮らしの場合なら、
240リットルの冷蔵庫が最適な容量ということになりますね。
しかし、これはあくまでも
日常的に調理を行う一般家庭を対象にした数式で、
一人暮らしの場合、ライフスタイルなどに応じて
自室での調理の頻度が違うので、
自炊中心なのか外食中心なのかを考慮して考える必要があるでしょう。
一人暮らしで食事は自炊中心の生活を考えていたり、
近くにスーパーやコンビニがなく1〜2週間のまとめ買いをする方は、
この数式の回答どおり冷蔵庫の容量は200リットル以上がお勧めですが、
もし外食中心のライフスタイルだというのならば、
70リットル〜140リットルクラスの冷蔵庫で十分だと思います。
また、自炊して弁当なども手作りしている方で
食材の作り置きにフリージングを活用したいという方なら、
冷凍室の容量の多いタイプの冷蔵庫を選ぶと良いでしょう。

 ⇒ 【週末特価!】【当店ポイント2倍】三菱 256L 2ドア ノンフロン冷蔵庫【税込】 MR-H26P-PW [MR...
冷蔵庫の容量と電気代の関係ですが、小さければそれだけ電気代が安い
というわけではありませんので注意してください。
一般的に最も電力の消費効率がよく、電気代が経済的といわれているのは
冷蔵庫の容量400リットル〜450リットルのサイズなのです。
一人暮らしで自炊もしないという方でも、
あまり容量の小さな冷蔵庫にすると電気代が割高になる可能性もあるので、
消費電力にも注意を払って比較検討することが必要でしょう。

 ⇒ SHARP(シャープ) ★税込★ボトムフリーザー冷蔵庫 137L SJ-14P(SJ14P)
ライフスタイルや部屋のスペースとの兼ね合いも考えながら、
電気代も節約できる冷蔵庫の選び方を考えて見ましょう。
冷蔵庫を設置する場所についてですが、
直射日光の当たらない風通しの良い場所で、
ドアの開閉が出来る場所が最低限の設置条件になります。
冷蔵庫の設置で意外と知られていない点が放熱スペースの確保です。
冷蔵庫の裏面、左右、上部それぞれに
最低5cm程度のスペースは確保しないと放熱が上手くいかずに
冷蔵庫内が冷えなかったり故障の原因になりますので、
冷蔵庫購入前の設置場所の確認は重要です。
冷蔵庫設置場所のスペースを確保する場合は、
冷蔵庫の大きさとともに放熱スペースの確保も忘れないようにしましょう。

一人暮らしに欠かせない家電製品リストとその選び方


新しく一人暮らしを始めると、生活に必要な家電製品はもちろん、
家具などのインテリアについても一通り揃えなければなりません。
家具家電製品は限られたスペース内への配置になりますし、
予算的な問題もあるでしょうから、一人暮らしの家具家電製品は
揃えるべきものや大きさや性能などが一人暮らしの人向けのものを
選ぶ必要があると思います。
そこで、ひとり暮らしに必要な家電製品について
リストアップして解説してみたいと思います。
一人暮らしに欠かせない家電製品としては、照明機器は勿論として、
冷蔵庫・洗濯機・オーブンレンジ・テレビ・ガスコンロ・炊飯器
・掃除機・ドライヤーそれにパソコン・電話機などが挙げられます。
一人暮らしに欠かせない家電製品として、まず洗濯機があります。
コインランドリーを利用すれば洗濯機は必要ありませんが、
女性の方などはコインランドリーの利用は不安でしょうから
洗濯機は必需品ともいえますね。
洗濯機でおすすめは簡易乾燥機付全自動タイプのもので
一人暮らしなら容量は4〜6sもあれば十分です。
簡易乾燥機能が付いていると、雨が降ったりした場合、
ある程度まで乾かしてから部屋干し出来るので便利です。
一人暮らしの場合は長時間部屋を空けていることも多いでしょうから、
部屋干しができる簡易乾燥機付全自動洗濯機が便利なのです。
テレビも現代人の日常生活にとっては必需品ですよね。
テレビは、現在、液晶テレビ・プラズマテレビが主流になっていますが
大きさやデザインは、部屋の広さや置く場所、価格、
インテリアとのマッチングなどを考慮して決めましょう。
地デジ対応テレビでなければならないことは言うまでもありませんね。
それからパソコンとインターネット設備も必需品のひとつですよね。
テレビ放映も楽しめるパソコンと高速ネット回線があれば、
テレビを改めて購入する必要はないでしょう。
もし一人暮らしの人がこれからパソコンを買う場合は
省スペース型のノートパソコンがおすすめ機種です。
一人暮らしで自炊をする方は炊飯器も必需品になります。
1人暮らしの場合の炊飯器の選び方としては、
5合炊きだと大きすぎるので、3合炊きがおすすめのサイズでしょう。
ガスコンロも備えつけのものが無ければ必要になりますが、
キッチンにスペース的な問題がないのなら、
一人暮らしでも2口のガスコンロが便利です。
以上がひとり暮らしに必要な家電製品の代表的なものですが、
これらの家電製品をすべて買い揃えるとなると
正直なところかなりの出費になりますので、
部屋の広さやカラーコーディネート・インテリアを考えながら、
どうしても必要なものから揃えてくとよいでしょう。
また、購入費用を節約したいなら、リサイクルショップ利用がお勧めです。
最近は一人暮らしの家電製品や家具・インテリアを
リサイクルショップで購入する方が非常に増えており、
ネット販売にも対応していますので、上手に利用するといいですよ。
 ⇒ 中古リサイクルショップサイトの活用で一人暮らし新生活の準備を

ひとり暮らしでペットを飼う際に気を付けることは?


ひとり暮らしは時に寂しくなることもあるので、
ひとり暮らしでペットを飼えたらいいなと思う方も多いでしょう。
ペットと一緒の一人暮らしなら、ひとりの寂しさも紛れますし、
何といっても可愛いペットと一緒の生活は楽しいですよね。
飼い主である自分になついてくれる可愛いペットの猫や犬
そんな可愛い相棒が一緒なら、仕事で疲れたときや寂しいとき
たとえひとり暮らしではあっても本当に癒されるものです。
ただひとり暮らし用の賃貸物件はペット禁止も多いので、
ひとり暮らしでペットを飼うのはそう簡単ではありません。
マンションやアパートなどの集合住宅でペットを飼うには、
ペットを飼うことが許可された物件でなければ、
ペットと一緒に暮らすことはできません。
それに、ペット可の賃貸物件は数も少なく、
家賃も比較的高めというのが現状です。
しかし、最近のペットブームや、単身者の急増により、
ペット可の賃貸物件も以前に比べ増えてきています。
しかし、ペット可物件であっても、ペットの頭数や
ペットの大きさなどの制限があることもありますので、
ペット可賃貸物件を借りる際は、それら賃貸条件を
よく調べてからにした方がいいと思います。
さて、ペットはひとり暮らしの寂しさを癒してくれ、
ひとり暮らしのかけがえのないパートナーですが、
ペットの動物を飼うことは楽しいだけではありませんよね。
ペットの世話は大変な部分も多いですが、
大切な可愛い相棒ですから責任を持って世話をして、
ペットにはたくさんの愛情を注いであげることが大切です。
ペットを飼えば、毎日餌を用意し、排泄物の処理をして、
散歩をしたり遊んであげたりしなくてはなりません。
病気になれば病院に連れて行ったり、
看病などの世話もしなくてはなりません。
それにペットは一般の健康保険がききませんので
病院にかかる医療費負担も大変です。
これらのことは、忙しい一人暮らしの生活では、
実際には大きな負担になるものです。
本来、一人暮らしは自由気ままな生活を楽しめますが、
ペットを飼えば、ひとり暮らしの寂しさを癒してくれる分、
様々なことに拘束されることになります。
友達と遊ぶ時間が減るかもしれませんし、
旅行には簡単に行けなくなるかもしれません。
ペットを飼う場合にはそういった覚悟も必要になってきます。
ペットに対する責任は、全て飼い主のあなた一人にあるのです。
このように、実際にペットを飼うというのは、
実は想像以上に大変なことなのですが、
それをペットと一緒に乗り越えていくことで、
一人暮らしに癒しの「家族」を手に入れることができるでしょう。
ペットとのかけがえのない関係を築くためにも、
ペットを飼う前に、ペットの世話、ペットの医療など
そういったペットに関する将来の様々なことにも
考えをめぐらしてみる必要があるかもしれませんね。

一人暮らしの部屋の家具やインテリア購入の際のポイント


一人暮らしの生活は、たとえワンルーム住まいだとしても
一国一城の主ですから、自分の好みに生活空間を演出できます。
自分が憧れていた家具やインテリアなどを好みで揃えて
自分らしい生活空間を誰にも邪魔されずに演出できるのが、
何といっても一人暮らしの魅力ですよね?
一人暮らしの利点は、自分好みのインテリアを選び
自分の思い通りに部屋をコーディネートできることです。
そこで一人暮らしの生活でインテリアコーディネートを楽しんで
快適な一人暮らしを送るためのポイントを紹介したいと思います。
一人暮らしは、まず部屋探しから始まり、
住む部屋が決まったら、必要な家具やインテリアを揃えることになります。
インテリアは住まいの雰囲気などを決定づける大切な要素ですので、
インテリア選びの際には、まず、部屋の全体のイメージや
どんな感じの部屋にしたいのかというコンセプトを決めましょう。
一人暮らしの部屋のコンセプトを決めるポイントは3つあります。
@部屋全体の見た目のイメージ。
温かい感じ・クールな感じ・レトロで落ち着いた大人の感じ、など、
部屋全体の色・雰囲気をイメージして見た目のイメージを決めます。
A自分の部屋での過ごし方
普段の生活の際の部屋での過ごし方についてイメージしてみましょう。
普段、家に帰って仕事をする・一人でくつろぐ・友達と騒ぐ、などの
それぞれのコンセプトの違いによって、
部屋に必要な家具・インテリアが浮かんでくると思います。
B家具のもつ風合い・質感
家具のもつ風合い・質感によって部屋のイメージは大きく変わります。
そこで、家具を選ぶ際には、家具のもつ風合い・質感について、
例えばアジアンテックな家具・レトロ調な感じの家具
・デザイン性のある家具・ナチュラルな白木の家具、など
予め決めておくとよいでしょう。
いずれにしても、一人暮らしの部屋のインテリア選びは、
自分のライフスタイルに合わせたコンセプトに沿って
家具やインテリアをそろえていくとよいでしょう。
インテリア選びのコンセプトが決まったら
実際に家具やインテリアを選ぶことになりますが、
ひとり暮らしの部屋のインテリアの必須アイテムは何でしょうか。
まず、壁掛け時計はインテリアとして重要なアイテムです。
壁掛け時計は、部屋の大きさや雰囲気、
他のインテリアとのバランスを考えて選びましょう。
また、ソファーは一人暮らしではかなり重要なアイテムですので、
大きさや機能面など、ライフスタイルに合わせて選ぶことが大切です。
鏡(姿見)も一人暮らし生活の必須アイテムですね。
出かける前に自分の着こなしのバランスをチェックしたりするのに
姿見サイズの鏡は必須のアイテムといえます。
一人暮らしの部屋の家具やインテリアを揃える場合、
注意するべきことは、部屋の広さ相応のインテリアや家具を揃えないと
せっかくの一人暮らしの生活空間が窮屈なものになってしまいますので、
家具やインテリアは一度に一式全部を揃えずに、
必要に応じて買い足していくようにした方がいいと思いますよ。

中古リサイクルショップサイトの活用で一人暮らし新生活の準備を


一人暮らしの新生活に向けた準備には、部屋探し以外にも
家具や家電製品の新調や買い替えなどの準備が必要です。
一人暮らし用の家具や家電製品を買いそろえる場合、
ひととおり一式を揃えようとすると結構なお金がかかりますよね?
そこで、一人暮らし用の家具や家電製品を揃えるのに
最近注目されているのが中古品を扱うリサイクルショップ活用です。
一人暮らし用の家具や家電製品を扱うリサイクルショップは、
最近ではインターネット上の専門サイトも充実してきているので、
近所にリサイクルショップが見当たらないという方でも、
一人暮らし用の家具や家電製品の中古情報を気軽に検索できますよ。
また、リサイクルショップでは中古品を扱うという性質上、
店頭にどんな家具や家電製品の中古品が展示販売されているかは
実際にリサイクルショップの店頭に出向いてみなければ分かりません。
そのようなことから、無駄足になることを嫌って
リサイクルショップの利用を敬遠してきた方も多いようですが、
ネットのリサイクルショップのサイトを利用すれば、
販売されている中古家具や中古家電製品の在庫状況が分かりますから、
非常に便利なことで人気が出ているようです。
ネットのリサイクルショップのサイトとして主なものとしては、
まず、楽天市場の中古情報検索が便利だと思いますよ。
 ⇒ 楽天市場中古情報検索結果はこちら♪
探したい商品ジャンルを絞りこんでいけば、
希望の商品の中古販売情報にすぐに辿り着くことができます。
楽天市場での中古品の出品者は原則的に法人ですから、
ネットオークションなどと違い取引トラブルの心配もありません。
楽天市場では中古品の品ぞろえも非常に豊富ですが、
人気商品はすぐに売れてしまう場合も多いので、
こまめにサイトをチェックするようにしてくださいね。
 ⇒ 楽天市場中古情報検索結果はこちら♪
 ⇒ 例えば楽天市場で「中古 家具」で検索すると…
 ⇒ 例えば楽天市場で「中古 冷蔵庫」で検索すると…
こんな感じで必要なジャンルでキーワードを絞り込んで検索すれば
あなたの欲しいジャンルの商品が簡単に見つかりますよ。
楽天市場以外では、首都圏を中心に35店舗を展開する
大手リサイクルショップのトレジャーファクトリー(TF)も、
ホームページのWEBサイトで各店舗ごとの中古情報を検索できます。
また、他社を含め全国17,000店のリサイクルショップが検索できる
うるハビ.comというサイトも運営しているのも特徴で、
消費者の口コミ情報も掲載されていますので覗いてみるといいでしょう。
また、自宅近くのリサイクルショップの情報を探すなら、
NTT番号情報の地域情報検索サービス「iタウンページ」が便利です。
検索可能なリサイクルショップ店舗数は全国約17,000店で、
各店の個別情報や地図上の一括表示なども利用可能です。
また、新生活を始めるにあたっては
不用品の処分をしなければならない場合もありますよね?
そんな時に便利なのが、不用品の売却をネットで査定が受けられる
ディー・エヌ・エー(DeNA)が運営する不用品買い取り専門サイト
「おいくら」です。
不用品買い取り専門サイト「おいくら」の一括見積もり機能は、
不用品売却の際の買い取り相場を知るにも便利ですよ。
不用品売却の際は、業者に足元を見られて買い叩かれないよう
ゆとりを持って依頼をするのがコツです。
一人暮らしの新生活に向けての家具や家電製品の新調や買い替え、
また不用品の処分には、これら中古リサイクルショップのサイトを活用し
節約できるところは節約していくのが一人暮らし生活の準備のコツです。

初めての一人暮らしの準備のコツとポイント


春の季節は大学進学や就職をきっかけに親元を離れて
一人暮らしを始める方の多い季節です。
初めてのひとり暮らしに胸を希望で膨らませつつも
ひとり暮らしの不安も少し頭の片隅にこびりついて離れない
そんな方も多いのではないでしょうか?
そこで、初めてのひとり暮らしを快適なものとするために
初めての一人暮らしのコツについて紹介したいと思います。
まず、一人暮らしをするためには住居探しから始まります。
ひとり暮らしをするうえで、どのエリアに住むのか?
家賃はいくらまでなら払えるのか?希望の間取りは?
など、ひとり暮らしの住まい選びにはチェックポイントがありますが、
最近ではインターネットへの接続環境やデジタル放送など
テレビ放送の受診環境もチェックが必要ですよ。
また、女性の一人暮らしの場合は
防犯対策など安全面の確認もとても大事になります。
快適な初めての一人暮らしを始めるために、
ひとり暮らしの部屋を探す場合には、
色々な不動産屋の情報を収集することはもちろんですが、
実際に物件を見てから決めるようにしましょう。
ひとり暮らしをする部屋を下見するときのチェック項目は、
間取り・給湯設備・照明機器・洗濯機置き場
・キッチンスペースの確認などです。
他の部屋の住居人がどんな年代の人が多いか聞くことも大切です。
それから周辺の住環境にも注意してくださいね。
昼と夜で部屋の周囲の環境が変わっていることがありますので
時間や曜日を変えて周辺環境をチェックすることも必要です。
昼間は人通りも少なく、静かな環境だったのに、
夜は酔っ払いや騒音で寝ようにも眠れないということもあります。
不動産屋の営業マンにも周囲の環境のことを聞いてみるようにしましょう。
初めて不動産屋に行く人は、自分1人で行くよりも
頼りになる人や新しく住む地域のことを知っている人と一緒に行く
など相談できる人と一緒に行く方がよいでしょう。
何しろ初めての一人暮らしですので、
住居選びは慎重に行うに越したことはありません。
信頼の置ける不動産屋を利用することも大切です。
地元で長く経営されている不動産屋であれば、
その地域のことを良く分かっていますので安心できます。
ひとり暮らしを始めるには予算を考えることも必要です。
実際にどれくらいのお金が必要になるか
一人暮らしの資金をシミュレーションしてみましょう。
住む住居が決まり引越しをするという段階になったら、
大体どれくらいの料金がかかるか見積もりを取ってもらいます。
引越し料金は曜日や時間帯によっても変わりますし、
割引サービスを受けられることもありますので、
引越し業者に詳しく尋ねてみると良いでしょう。
引越し料金を安くあげたいということであれば、
平日の引越しが割引サービスを受けられるのでお得です。

一人暮らしの部屋はどの程度の広さの間取りが必要か


一人暮らしの部屋の広さと間取りについて考えてみましょう。
一人暮らしであるなしに関わらず部屋の間取りは広い方がいいですが、
部屋の間取りは広ければそれだけ賃料も高くなりますので、
一人暮らし向きの代表的な間取りは「ワンルーム」「1K」「1DK」
といったところが現実的な選択肢になるのではないでしょうか。
物件のつくりにもよりますが、部屋の専有面積で比較すれば、
「ワンルーム」「1K」「1DK」の順に専有面積は広くなる傾向があります。
では、間取りのタイプごとに特徴を解説していきます。
まず「ワンルーム」ですが、ワンルームタイプの部屋は、
キッチンも居室内の1室にまとまっている間取りになります。
キッチンとの仕切りがない分、居室が広くなる場合もありますが、
室内に置く家具・家電が、すべて同一スペースに収まることになり、
部屋に生活感が出やすくなります。
また、ワンルームは玄関から部屋全体が丸見えになりますし、
水周りや玄関の臭いが気になるという場合もありますので、
ワンルームタイプの部屋はお洒落な居住空間にはなりにくいですが、
家賃が最も安い物件が多いのもワンルームタイプの特徴です。
一人暮らしの部屋は基本的に「寝るだけの場所」と割り切れば
ワンルームタイプの部屋は最も経済的ともいえます。
次に「1K」タイプの部屋の特徴を解説します。
「1K」のKはキッチンのことで、「1K」タイプの部屋は、
キッチンの水回りと居室が、壁や扉で仕切られている
というタイプの間取りになります。
「1K」タイプの部屋ですと、居室とキッチンが仕切られているため、
居室を独立した空間として演出しやすくなりますが、
キッチンスペースが狭いことが多いため、
キッチン関係の調度品を居室に置かざるを得ないことも多いようです。
最後に「1DK」タイプの部屋の特徴を解説します。
「1DK」のDKはダイニングキッチンのことで、
居室のほかにダイニングキッチンがあるタイプの間取りです。
調理スペースとしてだけでなく、ダイニングとして食卓の用途にも使える
スペースが広めの独立したキッチンがあるタイプの部屋ですので、
各部屋を目的に応じて使い分けることができます。
料理をよくする自炊派の方や、友達を呼んで一緒に食事をする機会が多い
という一人暮らしの人におすすめの間取りといえるでしょう。
実際に一人暮らしの部屋を選ぶ際にどのタイプの間取りにするかは、
住む人のライフスタイルによって異なってくると思います。
部屋で生活する時間が短く外出しがちの人などは、
一人暮らしの部屋は寝るだけの場所になるでしょうから、
間取りや広さには多少目をつぶって家賃を節約し、
浮いたお金を外で行動する資金にするほうがいいと思います。
一方で休日など家で過ごすことが好きな人は、
予算の許す限り間取りや広さにこだわって部屋を選びましょう。
また、家での時間を大切にしたい人は日当たりも重視してください。
居室は実際に一番長くいるスペースですから、
自分にとってくつろげる間取りであるかどうか確認しましょう。
なお、部屋選びのもうひとつのポイントとして、
デザイナーズマンションに多く見られるような、
壁の一部が斜めになっていたり、弧を描いているような
変形間取りの部屋の形は、個性的な空間をつくりだせる間取りですが、
思わぬデッドスペースが出て使い勝手が悪いこともありますので
その点では注意が必要です。
一人暮らしの間取りでは、収納もチェックポイントのひとつです。
収納が少なくて荷物が部屋にはみ出していると部屋が狭くなるので
収納は大きければ大きいほど便利です。
以上の点に注意して一人暮らしの部屋探しは入念な下見から始めましょう。
物件選びには、物件の外観や立地条件も大切です。
部屋の内部が建物の外からあまりにも丸見えの場合、
一日中カーテンを引いたままになる恐れもあるので、
建物の外部からの自分の部屋の見え具合を確認することも大切です。
また、物件の周辺環境がどうなのかについては、
朝方、昼間、夜間など時間帯や平日、休日と曜日によってどうなのか
ということについても、よく考える必要があります。
自分が実際にそこで生活することを想定してシミュレーションし
快適な一人暮らしができる間取りの部屋を選びましょう。

一人暮らしの部屋の家具選びのポイントと注意点


一人暮らしをする場合、生活に必要な家具の用意が必要です。
しかし、実家暮らしの感覚で家具を揃えてしまうと、
独り暮らしの部屋の生活スペースが足りないこともでてきますので
一人暮らしで家具を選んだり買う際には、
まず、その家具がどうしても必要なのかをよく考えてみましょう。
というのも、引っ越して荷物を入れる前の部屋は広く見えますが、
実際に家具を入れ生活してみると思いのほか狭く感じるものです。
一人暮らしの大半の方は比較的小さな狭い部屋で暮らす
ということが大半になると思いますので、
その家具が本当になくてはならない家具なのか、
よく考えしっかりと見極めてから購入を決めるようにしましょう。
それでは独り暮らしの家具の必需品についてですが、
まず一人暮らしで必要な家具〜ベットの選び方です。
ベットのサイズ・形・機能もさまざまなものがあります。
その中から、自分の身体の大きさに合わせて、
部屋の広さにあった大きさ・形・機能を見極めて選びましょう。
次にカーテンですが、快適な一人暮らしのために、
カーテンは部屋のイメージを決める大事な要素のひとつです。
部屋のカーテンも、素材や色・デザインにこだわると、
なかなか気に入ったものが見つからないものです。
そのようなときはインターネットで下調べをしてみましょう。
ネットでカーテンの下調べをしてイメージが固まっていれば、
自分のイメージにぴったりの物が見つかり次第すぐに購入できます。
次に独り暮らしの部屋の収納家具ですが、
収納家具としては、メタルラックやカラーボックスなどを使って
見栄え良く収納するといいと思います。
メタルラックやカラーボックスは価格もリーズナブルで、
一人暮らしにはピッタリの収納アイテムだといえます。
この他の一人暮らしに必要な家具として、
鏡(姿見)・ミニテーブル(ちゃぶ台)・クローゼット
・衣装ケース・食器棚、
そしてパソコンをお持ちでしたら机と椅子も必要になります。
最初にも書きましたが、一人暮らしの家具は必要最小限のものをそろえ、
必要に応じて買い足してくようにするのが賢い方法です。
引越しして家具を搬入してみたら生活スペースが足りない
ということになって購入した家具を実家に送り返す
という笑い話のような出来事は頻繁に起こっていますので、
独り暮らしの際の家具は必要に応じて買い足していきましょう。

独り暮らしの引越しのチェックポイントと注意点


独り暮らしを始めるにあたって引越しはつきものですが、
引越しは意外と時間と手間もかかりますので、
独り暮らしを始めるなら引越しについて良く理解しておきましょう。
さて、独り暮らしの引越しについてですが、
一人暮らしの引越しは、通常は引越業者に依頼することになります。
引越し料金は業者によって高い安いの差がありますので、
業者に引越しを依頼する場合は、数社を世間の評判などを参考に
引越業者をいくつか選んで事前に見積もりをしてもらいましょう。
なお、引越しの見積もりを取る際には、
以下の点について業者に確認をしておきます。
引越し予定日・ 引越し荷物の内容・荷物の搬出(旧居)
・搬入(新居)・引越しの希望開始時刻
・引越し荷物梱包用のダンボールなどについては必須でしょう。
また、引越し先への移動法についても必ず確認しておきます。
引越し業者の車に同乗させてもらえる場合はいいのですが、
そうでない場合は引越し先への移動手段を確保しておかないと、
引越し荷物だけが先に着いても引越し作業が始められない
ということになり、時間的にも料金的にもロスが出ます。
なお、引越しを引越し業者に依頼せず、
家族や友人の車で引っ越すと料金的には安く済みます。
荷物が少なく手伝ってくれる友人が2〜3人いるのであれば、
レンタカーでの引っ越しが料金的には一番安く済みます。
その他に引越し料金を安くあげる裏技として、
赤帽を利用した引越しという方法もあります。
引越し荷物が少なく移動距離が近距離ならば、
赤帽を利用した引越しは料金が結構安く上がり、
一人暮しの方向きの引越しとしてはお勧めできる方法です。
引越し業者の引越し料金は、引越し作業を自分でどこまでやるか
によって料金がピンからキリまでありますので、
引越し業者を頼む場合でも、引越し作業用の人員として
家族や友人など人手を自前で何人か用意することで、
引越し料金は相当安く押さえることができると思います。

▽▽▽人気ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ
ありがとうございます。

独り暮らしの部屋探しの知られざる重要チェックポイントとは?


独り暮らしをしようとした場合、まず住む部屋を探す
ということが最初のステップになると思います。
そこで、独り暮らしの部屋探しについて考えてみましょう。
独り暮らしと一口にいっても、学生の一人暮らし、
単身者の一人暮らし、高齢者の一人暮らしなど、
様々なパターンがありますし、男性の独り暮らしなのか、
女性の独り暮らしなのかによっても、引越しや部屋探しでは
ニーズや注意点なども違ってくるでしょう。
しかし、それらのいずれの場合においても、
これから一人暮らしを始める際の部屋探しでは、
知り合いなどのつてで独り暮らしの物件を紹介してもらう以外では
まず不動産会社探しから始まることは間違いありませんよね。
では独り暮らしの部屋を探す際、仲介不動産会社を選ぶ注意点ですが、
何といっても地域で信頼されている不動産会社を選ぶと安心です。
一人暮らしの部屋探しでは、どのエリアに住むのか、
家賃はいくらまで払えるのか、希望の間取りなどの基本的なことから、
最近ではインターネットへの接続環境やデジタル放送受信環境など
テレビ放送の受診環境もチェックが必要になります。
次に独り暮らしをする部屋を下見するときのチェック項目ですが、
間取り・給湯設備・照明機器・洗濯機置き場
・キッチンスペースの確認などが基本になります。
また、女性の独り暮らしの場合、防犯上の観点も大切です。
女性の場合は1階よりも2階以上の階の部屋を選ぶ方が
防犯上も安全といえるのではないでしょうか。
また、集合住宅の場合、階下の物音よりも
上の階の物音が響く傾向が強いですので、
最上階の部屋を選ぶと隣人の騒音に悩まされることも減ります。
そういった意味では階段近くやエレベーター付近の部屋も
出来れば避けた方がいいでしょう。
部屋を選ぶ際には日当たりについても考えておく必要があります。
部屋の日当たりはいいに越したことはありません。
たとえ昼間は部屋にいないことが多いとしても、
日当たりの悪い部屋は湿気もこもりますので、
家具や洋服などにカビも発生しやすいですし、
健康的にもあまり良くないといえます。
また、部屋が大きな幹線道路や線路に面していたりすると、
騒音や排気ガスの粉塵に悩まされることにもなり、
洗濯物が外に干せないとか、喘息の原因にもなります。
部屋が公園に面している場合、一見住環境が良さそうですが、
浮浪者が寝泊りしていたり、子供の遊び声がうるさかったり、
夏場の夜は暴走族や不良のたまり場になることもあるので、
あながち住環境が良いとも言えない面があります。
駐車場、工場、倉庫や会社のオフィスに面している場合などは、
搬入搬出の車の音に早朝から悩まされる場合が多いです。
そういった意味で、独り暮らしの部屋探しで
静かな住環境を望むのであれば、住宅街の一角にある部屋がいい
ということがいえるのではないかと思います。
集合住宅の場合は、共用スペースのチェックも重要です。
そして廊下、通路、階段などの共用スペースの清掃の様子や、
ゴミ捨て場・駐輪場の使い方などで、
建物の管理状態が良いかどうかチェックしましょう。
また、共用スペースの管理状況をチェックすることで、
そこに住んでいる人のマナーや人格などもある程度分かります。
そして、住居人がどんな年代の人が多いか尋ねることも大切です。
集合住宅の場合、他の住居人の質が住み心地に大きく影響するので、
そのあたりのチェックは怠らないようにしたいものです。
独り暮らし用の部屋として希望の物件が見つかったとしても、
予算的に折り合わなければ意味がありません。
そこで、実際に独り暮らしでどれくらいの生活費が必要になるか
一人暮らしの資金をシュミレーションしておきましょう。
独り暮らしの部屋探しのポイントは、独り暮らしをする方の
ライフスタイルによってそれぞれ重視する点が異なりますので、
上記の点を参考にして、あなたの独り暮らしのライフスタイルを
シミュレーションした上で部屋探しを行いましょう。

▽▽▽人気ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ
ありがとうございます。

一人暮らしにかかる生活費の内訳と生活費支出割合の目安


一人暮らしをする場合、まず考えなければいけないのは、
一人暮らしにかかる生活費の費用です。
一人暮らしの生活費の費用を見積もって、
自分の収入と比較して、実際に一人暮らしが可能かどうか、
一人暮らしをする場合にどのような生活を送ることができるのか
シミュレーションをしてから独り暮らしの準備を始めましょう。
一人暮らしの生活費として考えなければらならいのは、
家賃・駐車場料・税金・保険料・水道・ガス・電気・電話代などの
毎月一定額がかかる固定の生活費と、
電話通話代・食費・交通費・交際費・趣味(書籍代や娯楽など)
・被服費・医療費など、毎月の支出額が変動する生活費があります。
固定の生活費の内容は基本料金などですから、
この費用を節約することは難しいです。
ですから固定費は必要経費として、確実に計算して見積もっておく
ということが大切になります。
一人暮らしの生活費として節約できるとしたら、
それは工夫や努力次第で支出額を変えることができる変動費でしょう。
食費や遊行費などの毎月変動する生活費は、
自分の努力や工夫でいくらでも節約することができます。
一人暮らしの一ヶ月あたりの生活費の目安としては、
一般的には、6万円程度のワンルームに住んで無駄遣いをしない場合で
13万円〜14万円程度かかると言われていますので、
家賃以外の生活費は7〜8万円程度と見込んで考えるといいでしょう。
収入から見る独り暮らしの生活費支出の割合の目安は、一般的に、
光熱費・水道・通信費…10%以内。食費…15〜20%。
家賃・駐車場代など…20〜30%。日用品…5%。
保険料…10%以内。小遣い…10%以内。
娯楽・交際費・・・5%以内。被服費…3〜5%以内。貯蓄…5%〜です。
これを手取り14万円の一人暮らしと仮定して計算してみると、
光熱費・水道・通信費…1.4万円以内。食費…2万円〜3万円。
家賃・駐車場代など…3万円〜5万円。日用品…7千円。
保険料…1.4万円以内。小遣い…1.4万円以内。
娯楽・交際費…7千円以内。被服費…4千円〜7千円以内。
貯蓄…?円〜となります。
こうしてみると、意外と自由に使えるお金は少ないですよね?
学生さんなど実家から仕送りをしてもらえる場合は別として、
実際、独り暮らしをするより親元にいた方が、
お小遣いなど自分で自由に使えるお金は多いのが現実です。
しかし、独り暮らしには親元から離れて独立し、
自分だけの力で生活をしていくという自由や楽しみもあります。
人それぞれ趣味・ライフスタイルにより支出の割合は変わってきますし、
親元から独立して自立することは大人になる上で必要なことですから、
上手な一人暮らしの節約術を身につけ、
有意義な生活を送ることができるよう頑張りたいものです。

▽▽▽人気ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ
ありがとうございます。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。