スポンサードリンク

マンスリーマンションによるひとり暮らしが最適な方の条件


ひとり暮らしをする際の不動産物件の選択肢のひとつとして、
マンスリーマンションによるひとり暮らしも検討してみましょう。
マンスリーマンションとは、1ヶ月間などの短期間で利用できる
定期借家契約による賃貸物件のことです。
マンスリーマンションは、一定の条件を満たす方にとって
一人暮らしに最適な不動産物件といえます。
一人暮らしをするうえでネックのひとつとなるのが、
住居としての不動産物件の問題がありますが、
マンスリーマンションなら敷金・礼金・仲介料は0円です。
また、家具・家電・食器類・調理器具・タオル・テッシュ等など、
様々な生活備品が予め部屋に揃っていますので、
あなたのライフスタイルに合わせて、好きな時に好きな期間だけ、
好きな住まいに、衣類などを詰めた鞄と身体一つで
気軽に一人暮らしを始める事ができる身軽さが人気なのです。
マンスリーマンションは、一般賃貸の部屋を使用しているため
ホテルなどと違いレストランなどの設備はありませんが、
自分の住まいのように自由に気兼ねなく使えるところが最大の魅力です。
マンスリーマンションは、次のような一人暮らしの方におすすめです。
スーツケース・カバンひとつで引越したい一人暮らしの方。
自宅の建替えを考えている一人暮らしの方。
家族・親戚の入院の付き添いが必要な一人暮らしの方。
初期費用(契約金・家具等)の負担で悩んでいる一人暮らしの方。
社会人で転勤・異動での家具の引越しが面倒な一人暮らしの方。
ビジネスマンの長期出張やサラリーマンの単身赴任で一人暮らしの方。
大学に入学して初めて一人暮らしを始める方。
旅先で滞在型の旅行を楽しみたい方。
などの方にはマンスリーマンションのひとり暮らしが最適でしょう。
マンスリーマンションの申し込み方法・利用方法ですが、
事前に借家・定期借家契約を結んでからの利用になります。
気に入った部屋が見つかったら、マンションを所有している会社へ
申込書の他に運転免許証・パスポートなど本人を証明書する書類を
一緒に提出する必要があります。
マンスリーマンションの家賃の相場、利用料金の相場は
マンスリーマンションの立地する地域によって差がありますが、
東京23区内で一日あたり4000円台〜5000円台が最も多く、
長期滞在が前提のため、料金体系もホテルより低く設定されている
というのがマンスリーマンション料金体系の特徴です。
マンスリーマンションの持つメリットを最大限に活用して、
経済的なひとり暮らしを実現してくださいね。

マンスリーマンションの探し方と注意すべきポイントとは?


マンスリーマンションについては幅広く知られることとなっていますが、
いざマンスリーマンションを利用することになった場合、
どのようにしてマンスリーマンションを探したらよいか検討がつかない
という方も意外と多いようです。
そこで、今回はマンスリーマンションの探し方について説明します。
マンスリーマンションとは、普通のマンションやアパートとは違って
1ヶ月単位で賃貸契約を結ぶ短期賃貸型のマンションや
アパートのことです。
マンスリーマンションの利用用途としては、
出張・研修等での企業の社宅として、
受験や就職活動の滞在拠点として、単身赴任先の住まいとして、
ソフトウェア開発等で社員を派遣した際の完成まで
数ヶ月間の滞在拠点として、または、
入院中の方を看護するための住まいとして、観光拠点として、
家の立て替え時の仮の住まいとして、趣味に思い切り没頭したり、
仕事に誰にも邪魔されることなく集中したい方の
プライベートルームとして、手軽な一人暮らしのスタートになど、
様々な幅広い用途にマンスリーマンションは活用されています。
マンスリーマンションを探すには、マンスリーマンションの利用目的や
その人のライフスタイルに応じて探す必要があります。
マンスリーマンションの探し方のポイントとしては、
利用人数(単身・複数)・地域・目的・設備・期間・予算等です。
まず、自分が借りるマンスリーマンションの賃料の予算を決めます。
相場については事前にインターネットで調べておきましょう。
 ⇒ マンスリーマンションの賃料や料金の相場とその比較
次は住むエリアを決めますが
1.通勤、通学の交通手段・時間の設定をする
2.通勤、通学時間内でエリアの候補を立てる
3.自分の予算に合いそうなエリアを絞り込む
4.絞り込んだエリア周辺の環境を調べる。
(ショッピングセンター・医療機関・娯楽等々)
以上の項目を考慮して自分の希望に合った物件を決める事になります。
ところでマンスリーマンションを探す場合、
滞在希望地に実際に足を運んでも、
マンスリーマンションの物件情報が見つからないことが多いです。
マンスリーマンションの運営会社は、ほぼ100パーセント物件情報を
インターネットに公開していますので、
インターネットを利用して希望の物件を探すのが手軽で便利な方法です。
マンスリーマンションを利用する場合はインターネットを活用し、
幅広い情報の中から比較検討するようにしてください。

▽▽▽人気ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ
ありがとうございます。

マンスリーマンションの賃料や料金の相場とその比較


マンスリーマンションが利用者に便利と最近好評ですが、
マンスリーマンションの賃料や料金の相場はどのくらいか
ということは意外と知られていないようです。
そこで、今回はマンスリーマンションの相場について紹介します。
マンスリーマンションとは、普通のマンションやアパートとは違って
1ヶ月単位で賃貸契約を結ぶ、家具や生活(自炊)用品付きの
短期賃貸型のマンションやアパートのことです。
マンスリーマンションのメリットは、ベッド やダイニングテーブル、
ライティングデスク等の家具やテレビ、冷蔵庫、洗濯機などの大型家電から
電気釜や電子レンジなどの生活(自炊)用品が
一通り揃っている点にあります。
敷金・礼金・保証金や保証人など通常の賃貸契約の手続きが
一切不要なのもマンスリーマンションのメリットのひとつです。
マンスリーマンションの相場は、地域によって違いがあります。
また、立地条件や設備によっても違いがあります。
このあたりは不動産物件の相場とも関係してくると思われますが、
メディアマックスジャパンが今年1月に発表したデータによると、
全国の1Kを借りる場合の1日の平均賃料相場は、
東京が最も高く、4,668円。次いで神奈川県・3,902円
・大阪府3,630円・愛知県3,568円・埼玉県3,343円
・兵庫県3,315円・広島県3,253円となっています。(他必要経費除く)
ちなみに、北海道は12位の3,082円でした。
マンスリーマンションの利用期間希望状況では、
30-89日での利用者が最も多くなっています。
物件設備では、セパレート・オートロック
・インターネットの導入率が高く、
また外国人可は49.59%、幼児可は34.22%など
比較的多い結果となっています。
一方、ペット可、女性専用、禁煙物件などは
まだまだ物件数が少ない現状となっており、
今後の利用状況などを見ながら
これらのマンスリーマンション物件の動向は決まるという状況です。
マンスリーマンションの相場を知るには、自分が利用したい地域の
マンスリーマンションを複数比較してみることが必要でしょう。
同じ地域でも駅や繁華街へのアクセスなど立地や設備によって
マンスリーマンションの相場は大きく変動しますので、
インターネットで検索して比較検討されることをお勧めします。

▽▽▽人気ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ
ありがとうございます。

マンスリーマンションの解約、中途解約についての注意点


マンスリーマンションなど短期賃貸型マンションは
利用者に便利なため最近人気が高い賃貸システムですが、
契約や賃料の支払いなどについてあまり一般に知られていないようです。
特にマンスリーマンションの解約、中途解約については
あまり情報がないようなので、利用トラブルを防ぐ意味でも、
マンスリーマンションの解約、中途解約について説明しておきましょう。
マンスリーマンションとは、普通のマンションやアパートとは違って
1ヶ月単位で賃貸契約を結ぶ短期賃貸型の家具や生活(自炊)用品付きの
マンションやアパートのことです。
マンスリーマンションは、やむを得ない事情があれば、
中途解約して契約期間中でもマンションを退去することができますが、
この場合、解約後の残存期間分の賃料の返還は、返ってこない場合もあります。
マンスリーマンションの解約、中途解約に関する賃料の返還は、
マンスリーマンションを運営している不動産会社によって異なり、
解約、中途解約で全く賃料を返還しないと契約に定めている会社もあれば、
退去予告期間を定めて、その期間以前に解約、中途解約の予告をすれば
賃料の返還に応じるという会社もあります。
一般的にマンスリーマンションを途中で解約する場合は、
解約の申し入れを1ヶ月前までにしなければならないため、
1ヶ月以上の長期滞在利用の場合を除くと
基本的に前払いをしている料金は返金されないケースがほとんどです。
また、長期割引などがある不動産管理会社では、
中途解約による違約金を取っているケースなどもあります。
従って、マンスリーマンション契約期間が流動的ではっきりしない方は、
予め解約、中途解約に関する規約について会社側に確認するか、
確実な最低利用期間で契約するかしたほうがよいでしょう。
なお、マンスリーマンションは、通常の賃貸借契約とは違って
契約を更新することはできませんが、
その後の予約がその部屋に入っていない場合には、
再度契約を結んで住み続けることができます。
しかし、マンスリーマンション混雑期は予約が一杯で
契約延長が難しいという場合もあります。
また、マンスリーマンションを運営している不動産会社によっては、
再契約の申し出期間を定めていたり、
仮押さえの制度を設けている会社もありますので、
延長する可能性のある人は事前に良く調べておいた方がよいでしょう。
このようにマンスリーマンションは非常に便利な賃貸システムですが、
その内容を知らずに利用すると思わぬ落とし穴が待ち受けていますので、
マンスリーマンション利用の際は利用規約をよく読んだり、
事前に問い合わせをしっかりするなどして情報収集し、
利用トラブルを未然に防ぐことが重要です。

▽▽▽人気ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ
ありがとうございます。

マンスリーマンションなど短期賃貸型マンション契約の流れ


最近、マンスリーマンションが増えているのを良く見かけます。
ライフスタイルの多様化によって、短期賃貸型マンションも変化を見せ、
かつてはウィークリーマンションのみだった短期賃貸型マンションも
利用者のニーズに合わせた賃貸形式に様々に変化しているのです。
マンスリーマンションが増えているのもそういった変化の現れでしょう。
このマンスリーマンションとは、普通のマンションやアパートとは違って
1ヶ月単位で賃貸契約を結ぶ短期賃貸型の家具や生活(自炊)用品付きの
短期賃貸契約のマンションやアパートのことです。
マンスリーマンションの契約はウィークリーマンションの契約同様、
「定期借家契約」を結ぶことが一般的です。
「定期借家契約」とは、2000年3月に一部改正された「借地借家法」による
新しい賃貸契約形態であり、契約で定めた期間の満了により、
賃貸契約は更新されることなく借家契約が終了します。
期間を延長する場合は、家主、借家人、双方で再契約の合意ができれば
再び契約をすることができますが、マンスリーマンションの混雑期などは
次の短期賃貸契約が入っていて契約延長が難しいこともあるようです。
マンスリーマンションは、通常の賃貸マンションと比べると
賃貸契約契約手続きが非常に簡単です。
マンスリーマンションの短期賃貸契約では、敷金、礼金、保証金が不要で、
一般的に保証人も不要で身分証明書があれば短期賃貸契約が可能です。
マンスリーマンションの契約の流れとしては、
気に入ったマンスリーマンションの部屋を見つけたら、
取り扱い業者へメール、又は電話で問い合わせて契約を行います。
電話申し込みであれば資料・申込用紙がFAX・郵送で届きますので
申込用紙を記入して返信することになりますし、
インターネットでの契約は、
申し込みフォームなどにすべて記入して送信します。
その際、いずれの場合においても、
「入居申込書」とともに「身分証明書」が必要になります。
これらの申し込み手続きに基づき短期賃貸契約の審査が行なわれ、
予約の受付が連絡されてきます。
予約が確定すると、契約書・請求書が発行されますので
指定された期間内に賃料を振込みます。
その後、定期借家契約書が郵送もしくはFAXでおくられてきますので、
内容を確認の上、記名押印をして返送(返信)することで契約完了です。
なお、マンスリーマンションなど短期賃貸型マンションの利用は、
賃料は基本的に前払いが原則ですので、その点は注意が必要です。
特にマンスリーマンションの場合は利用が月単位ということで、
利用前に賃料としてまとまった金額が必要になりますので、
その点はしっかりと準備しておいてください。

▽▽▽人気ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ
ありがとうございます。

マンスリーマンションと賃貸マンションを価格面等から比較する


マンスリーマンションなど短期賃貸マンションの利用は
一般的賃貸マンションと比較して経費がかからず
費用としてお得だとよくいわれていますよね?
そこでマンスリーマンションと賃貸マンションを
実際に比較するとどうなのか、費用面以外の部分も含めて、
マンスリーマンションと賃貸マンションの比較をしてみましょう。
マンスリーマンションとは、普通のマンションやアパートとは違い、
1ヶ月単位で賃貸契約を結ぶ短期賃貸型のマンションで、
家具や生活(自炊)用品付きのマンションやアパートのことです。
マンスリーマンションのメリットは、ベッド やダイニングテーブル、
ライティングデスク等の家具やテレビ、冷蔵庫、洗濯機などの大型家電から
電気釜や電子レンジなどの生活(自炊)用品が
一通り揃っている点にあります。
ウィークリーマンションと同様に、
カバン1つで着替えなどを詰めて行けばすぐ入居出来て、
入居と同時にいつも通りの暮らしを始めることができます。
貸す時代から借りる時代、ルームレントから空間レント、タイムレントへと
借り方も貸し方も変化していく21世紀に登場したの賃貸市場なのです。
さて、マンスリーマンションと賃貸マンションを費用面で比較すると、
賃貸期間が一年以内ならマンスリーマンションのほうが費用がお得ですし、
仮に2年間住んだとしても、キャンペーンの利用や格安マンスリーなら
一般賃貸マンションとの費用の差はほとんどなくなるようです。
また、マンスリーマンションでは、入居期間によっては、
超破格値のキャンペーンが有ります。
その上に、ディズニーランドペアチケットがもらえたり、
一年ごとに家賃が一か月分無料になるなど、
季節ごとにキャンペーンがありますので、
上手に活用することでマンスリーマンションを上手に活用できるでしょう。
「借りたいときに借りる。必要なだけ借りる」
それがマンスリーマンションの利用法です。
マンスリーマンションは時代のニーズに合った賃貸の形態であり、
複雑で費用のかかる賃貸契約なしにすぐ入居できて生活が始められる
とても便利なシステムなので、自宅以外へ滞在される場合は、
是非マンスリーマンションの利用を検討してみてください。

▽▽▽人気ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ
ありがとうございます。

マンスリーマンションならではのデメリットはメリットと表裏一体


マンスリーマンションのデメリットについて考えてみましょう。
マンスリーマンションを含む短期賃貸マンションのデメリットは、
ウィークリーマンションのデメリットの際にお話いたしましたが、
 ⇒ ウィークリーマンションのデメリットはメリットと表裏一体
マンスリーマンションの場合は、月単位の賃貸であるがゆえに、
一般的な短期賃貸マンションのデメリット以外にも、
ウィークリーマンションという長期滞在ならではのデメリットが
存在すると考えられるからです。
マンスリーマンションとは、マンスリーという名前のとおり
1ヶ月単位で借りることができる短期賃貸マンションで、
家具や生活(自炊)用品付きの賃貸マンションです。
一方、1週間単位で利用できる家具や生活(自炊)用品付きの
短期賃貸マンションのことを、ウィークリーマンションといいます。
これら短期賃貸マンションは、単身赴任、出張、研修、受験、
旅行先の滞在先などの用途に利用されているほか、
最近では、企業が寮、社宅、出張用として、
コスト削減のためにこうしたマンスリーマンションを利用したり、
SOHOのオフィスとしても利用されています。
マンスリーマンションのメリットしとては、
敷金、礼金、仲介手数料、保証人が不要で、家具、食器、
家電製品に至るまで、すぐに生活できる日用品がそろっていることです。
また、電気,ガス,水道の手続きの必要がなく、
水・光熱費が不要なので、それらを使えば使う程お得になります。
また、利用期間が長くなると長期割引制度が適用されるなど、
マンスリーマンションには多くのメリットがあります。
反対にマンスリーマンションのデメリットとしては、
一年以下の短期で借りる場合には、家具が設置されている分、
賃料が賃貸住宅に比べて割高になるという点です。
また、マンスリーマンションなどの短期賃貸マンションは、
料金をまとめて前払いする必要があることにも注意が必要です。
マンスリーマンションの場合、利用が月単位となるので、
たとえ1K程度の広さのマンスリーマンションの場合でも、
約100万円近くのまとまったお金が前払いで必要になるという点が、
マンスリーマンションのデメリットではないでしょうか。
そういった意味で、マンスリーマンションを利用するには、
ある程度のまとまった金額が手元にないと利用が難しい
という点がデメリットとして挙げられます。
しかし、前払いならではのメリットも考えられます。
マンスリーマンションでは、月々の賃料の振込みの必要がない分、
家賃支払いの手間が省けますし、振り込み手数料もかかりません。
手元に前払い可能な金額さえあれば、賃料前払いのシステムは
マンスリーマンションのメリットの一つともなります。
このように、マンスリーマンションのデメリットは、
借りる人の状況によってはメリットと表裏一体ともいえるものですので、
マンスリーマンション利用の際はメリットとデメリットを理解した上で
自分の現在の状況などを勘案しながら、他のシステムとも比較検討し
どの宿泊システムを利用するのが有利か良く考えて選びましょう。

▽▽▽人気ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ
ありがとうございます。

マンスリーマンションのスタイルと利用することのメリットとは?


マンスリーマンションとは、普通のマンションやアパートとは違って
1ヶ月単位で賃貸契約を結ぶ短期賃貸型の家具や生活(自炊)用品付きの
マンションやアパートのことです。
このような短期賃貸型マンションのうち
週ぎめで賃貸契約をして料金を支払うのものをウィークリーマンション、
月ぎめで賃貸契約をして料金を支払うのものがマンスリーマンションです。
一般の賃貸住宅では敷金・礼金・保証金や
保証人などの煩雑な制度があるため、
借りる期間が少なくとも1年程度にならざるをえません。
一方、ホテルなどでは、長期滞在する住居としての機能を満たしていない
上に利用料金も割高になってしまいます。
そこで、一定程度の期間の滞在者のニーズを満たすという観点から、
それらの中間として登場したのが、短期賃貸マンションです。
通常、週刻みの料金になっているものをウィークリーマンション、
月刻みの料金になっているものをマンスリーマンションと呼んでいますが、
契約単位が週間か月間かだけでシステムや中身は殆ど同じです。
マンスリーマンションのメリットは、ベッド やダイニングテーブル、
ライティングデスク等の家具やテレビ、冷蔵庫、洗濯機などの大型家電から
電気釜や電子レンジなどの生活(自炊)用品が
一通り揃っている点にあります。
ウィークリーマンションと同様に、カバン1つで着替えなどを詰めて行けば
すぐに入居出来て、入居と同時に、普段通りの暮らしを
始めることができます。
マンスリーマンションの最大のメリットは、
賃貸アパートやホテルを借りるより料金が断然お得だということです。
敷金・礼金・保証金や保証人などが一切不要なのも
マンスリーマンションのメリットといえるでしょう。
マンスリーマンションの建物の形式は、名前どおりマンションであったり、
アパートであったり、ホテルスタイルであったりと
いろいろなタイプがあり、
日本全国にありますので、利用目的や好みに合わせてタイプを選び、
使いたいときに必要な期間だけ借りることができます。
このように、ビジネスやライフスタイルの変化に合わせて誕生した
マンスリーマンションなど短期賃貸型マンションを利用することで、
受験や出張など中長期間の滞在の際にも、滞在費用を節約し、
出費を抑えて目的を達成することが可能な世の中となったのです。

▽▽▽人気ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ
ありがとうございます。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。