スポンサードリンク

ウィークリーマンションなど短期賃貸マンションの探し方のポイント


ウィークリーマンション、マンスリーマンションなど
短期賃貸マンションは、受験や長期出張など
一定期間の滞在をする場合に便利であり、
ホテル宿泊や通常の賃貸契約よりもコストがかからないことから、
今では大都市を中心に全国的に広く普及しています。
ウィークリーマンションなど短期賃貸マンションが普及する中で、
利用する人のライフスタイルに合わせた様々なバリエーションや
サービスも開発されており、利用者にとってはありがたいことです。
ウィークリーマンションなど短期賃貸マンション利用の際は、
利用目的やライフスタイルに合わせた利用を考えることで、
より一層、短期賃貸マンション利用の利便性が増すでしょう。
そこで、利用目的やライフスタイルを考慮した
ウィークリーマンションの探し方のポイントについて解説していきます。
ウィークリーマンションなど
短期賃貸マンションの探し方のポイントとしては、
利用人数(単身・複数)・地域・目的・設備・期間・予算等々
などに着目することです。
まず、自分が借りるウィークリーマンションの賃料の予算を決めます。
次はウィークリーマンションの利用で
実際に住むエリアを決めることになりますが
@通勤、通学の交通手段・時間の設定をする
A通勤、通学時間内でエリアの候補を立てる
B自分の予算に合いそうなエリアを絞り込む
C絞り込んだエリア周辺の環境
(ショッピングセンター・医療機関・娯楽等々)を調べる。
以上の点をチェックした上で
ご自分の希望に合った物件を決める事になります。
ウィークリーマンションを探す際に注意してほしい点は、
いきなり希望の地域に直接ウィークリーマンションを探しに行っても、
ウィークリーマンションの賃貸を取り扱っている不動産会社が
その場所にはない事も多いということです。
ウィークリーマンションを借りたいからといって、
ただ闇雲に借りたい地域の不動産会社をまわっても、
無駄足になってしまうことが多いです。
ウィークリーマンション運営会社はほぼ100パーセント
物件情報をインターネットで公開していますので、
ウィークリーマンションを借りたい場合には、
まずインターネットでのサイトを利用して
希望の短期賃貸マンション物件検索を行ってみてください。
ウィークリーマンションなど短期賃貸マンションの賃貸契約の際には、
必要な家具や家電などの設備や備品などもよく確認しておいてくださいね。
賃貸契約をしたあとで、必要な設備や備品が付いていないことに気付く
という事もよくあるようです。
各運営会社が行っているキャンペーン情報には割引の情報もあり
ウィークリーマンションの安い物件を見つけられるかもしれません。
ウィークリーマンションなど短期賃貸マンションの探し方のポイントは
とにかくこまめにインターネットを利用して物件検索を行うことです。
キャンペーン情報などを上手に利用することにより、
掘り出し物の短期賃貸マンション物件が見つかるかもしれませんよ。

▽▽▽人気ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ
ありがとうございます。

ウィークリーマンションなど短期賃貸マンションの利用料金相場


ウィークリーマンションに代表される短期賃貸マンションは
受験や長期出張などの際の利用に大変便利ですが、
最近では様々なライフスタイルの変化に合わせて
ウィークリーマンションを利用する人が増えてきています。
ウィークリーマンションなど短期賃貸マンションの利用料金は
地域やウィークリーマンションの部屋タイプによって異なりますが
長期の滞在型なのでホテルよりも料金は低く設定されているようです。
ウィークリーマンションなど短期賃貸マンションの利用料金の相場は
ワンルームで一日4,000円から7,000円というのが相場ですが、
一般的にはワンルームなら一日に5,000円ぐらいが目安でしょう。
地域によっては3,000円台という格安物件もあります。
ウィークリーマンションなど短期賃貸マンションの利用料金の内訳は
(賃料+光熱費+保険分担金)×利用日数+清掃料金などが一般的ですが
ホテル・マンション等を利用するよりも基本的には割安となるようです。
また女性専用のウィークリーマンションもあり
セキュリティー・生活設備・備品などで条件は変わりますが、
相場は一般的なウィークリーマンションとあまり変わりません。
「同じ家賃でも、なんでこんなにちがうの?」と思えるほどに、
築年数、家具などの装備なども千差万別なのが実情です。
交通の便など利便性によっても金額が変わってくるようです。
そこで、滞在費用を節約したいと考えている方は、
滞在場所などで色々と比較をしてみるといいと思います。
ウィークリーマンションの利用料金を比較する場合は
具体的な滞在日程を提示して比較すると良いでしょう。
滞在する部屋が空室である場合は期間延長もできますが、
キャンセルの際にキャンセル料がかかる場合もあります。
 ⇒ ウィークリーマンションの途中解約と契約延長について
また、ウィークリーマンションの支払いは全額前納が原則で、
契約書に記載された期限までに全額を支払います。
いずれにしても、ウィークリーマンションの利用は
短期間であるにしろ、れっきとした賃貸契約となりますので、
トラブルを未然に防ぐ意味でも賃貸契約の内容は
きちんと理解しておく必要があります。
ウィークリーマンションなど短期賃貸マンションの利用については、
各社でいろいろとキャンペーンも行っていることも多いので、
インターネットで検索して色々と比較検討すると良いでしょう。

▽▽▽人気ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ
ありがとうございます。

ウィークリーマンションの途中解約と契約延長について


ウィークリーマンションは、短期賃貸マンションの形態のひとつで、
1週間単位から利用できる家具・生活用品付きの賃貸マンションですが、
賃貸契約にも関わらず敷金・礼金・保証金や保証人などが不要なので、
短期利用目的に適しているのが特徴です。
短期賃貸マンションには、ウィークリーマンション以外でも
マンスリーマンションという月単位での賃貸マンションもありますが、
いずれにしても受験、中長期の出張などの際の宿泊施設として便利です。
このように重宝される短期賃貸マンションではありますが、
突然の予定変更などで賃貸契約を途中解約したりするケースも考えられ、
その際の賃貸契約上のキャンセル料や違約金なども
場合によっては発生するケースもあるので注意が必要です。
そこで、ウィークリーマンションなど短期賃貸マンションの
賃貸契約をする上での途中解約について説明します。
基本的にはウィークリーマンションの契約期間中の途中解約は可能です。
しかし、ウィークリーマンションを途中で解約する場合は、
一般的に解約の申し入れが1ヶ月前まででなければならないため、
基本的に前払いをしている料金は返金されないケースがほとんどです。
また、長期割引などがある不動産管理会社では、
中途解約による違約金を請求されるケースもあります。
そこで、もしあなたの滞在期間が不確定なのであれば、
ウィークリーマンションの利用期間し短めに契約して
必要に応じて契約を延長するほうが無難であると言えます。
また、ウィークリーマンションの不動産管理会社によっては、
契約期間中の途中解約を認めていない場合や、
入居前の解約にキャンセル料を要求するケースもあります。
いずれにしてもウィークリーマンション入居前には
賃貸契約書類の確認を怠らないようにする必要があるでしょう。
ウイークリーマンションの契約の延長は基本的には可能であり、
契約期間の延長には、賃貸契約の再契約が必要となります。
ウィークリーマンションの契約延長については
不動産管理会社によって様々ですが、
契約満了日の2週間前まで待ってくれるところもあれば、
申込みした直後でも契約延長の申込みを受け付けている
という不動産管理会社もあります。
また、契約満了後に別の予約がその部屋に入っている場合は
契約の延長が出来ないというケースもあります。
このため、ウィークリーマンションに入居し、
延長する可能性が高い場合には事前に確認しておく必要があるでしょう。
いずれにしても、受験シーズンなどには
ウィークリーマンションに限らず、宿泊施設は大変混み合いますので、
余裕をもったスケジュールで契約することが無難だと思います。

▽▽▽人気ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ
ありがとうございます。

ウィークリーマンション契約の流れと注意事項


ウィークリーマンションやマンスリーマンションなど
短期賃貸マンションは受験や長期出張などに便利ですが、
ホテル宿泊の場合と異なり契約上は賃貸となりますので、
ウィークリーマンションなどを借りて利用するには
賃貸契約を結ぶ必要があります。
そこで、今回はウィークリーマンションなどの賃貸契約
について説明していきます。
ウィークリーマンションの契約に際しては、
賃貸契約として「定期借家契約」を結ぶことが一般的です。
「定期借家契約」とは、2000年3月に一部改正された
「借地借家法」により定められた新しい契約形態であり、
契約で定めた期間の満了によって、その賃貸契約は
更新されることなく借家契約が終了するというものです。
賃貸利用期間を延長する場合は、家主、借家人、双方で
再契約の合意ができれば再び賃貸契約をすることが可能です。
ウィークリーマンションの契約までの流れとしては、
@物件を選んで空室状況を確認する
A不動産管理会社から申込書を送付してもらう
B申込書に必要事項を記入し、送付する
C身分証明書の写しなどの必要書類を不動産管理会社に返信する
D不動産管理会社による入居審査を受ける
E入居審査完了後、不動産管理会社から契約書の郵送
F入居費用の支払い、入居する部屋の鍵の受け取り
という契約手続きが一般的です。
このように、ウィークリーマンションを契約する場合、
書面を交わして契約を締結することになりますが、
ほとんどのウィークリーマンションの契約では
必要書類のやりとりは郵便やFAXで行いますので、
わざわざ出向いて賃貸契約行為を行う手間がかかりません。
ウィークリーマンションの契約時には
一部の会社を除いて保証人は不要ですが、
身分証明書の提出が必要な会社がほとんどとなっています。
また、ウィークリーマンションの利用料金は
前払いにしている不動産管理会社が一般的です。
室内設備の使用はどこの会社でも基本的には自由です。
しかし、契約者以外の利用は、ほとんどの会社で禁止されており、
ウィークリーマンション室内への日中の出入りは自由ですが
契約者以外の人間を宿泊させたりすることは出来ません。
ウィークリーマンションを契約する場合には、
短期といってもれっきとした賃貸契約になりますので、
契約書の内容を良く理解して、トラブルを未然に防ぐ
ということも大切になってきます。

▽▽▽人気ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ
ありがとうございます。

TVCMでお馴染みウィークリーマンションのパイオニアのツカサ


テレビではウィークリーマンションのコマーシャルが良く流れていますが、
ウィークリーマンションのTVコマーシャルといえば、何と言っても
ツカサのウィークリーマンションのコマーシャルが有名ですよね。
ウィークリーマンションは、文字通り1週間単位で利用できるマンションで、
家具や生活用品付きの短期賃貸マンションのことを指します。
ウィークリーマンションは、敷金・礼金・保証金や保証人など
通常の賃貸契約の手続きが不要な上、生活設備が整っているので、
受験、長期出張の際の短期利用目的に適しているのが特徴です。
さて、TVCMで有名なツカサのウィークリーマンションですが、
ウィークリーマンションのパイオニアのツカサらしく、
日本で初めてウィークリーマンション事業を始めたのがツカサです。
ツカサのウィークリーマンションの始まりは、1983年5月で、
川又 三智彦氏が社長を勤めていた司建物管理有限会社で、
老朽化したアパートの有効利用として「ウィークリーマンション」を
たった6室からスタートしたのがその始まりです。
その後、1990年2月にはウィークリーマンション事業を主とした子会社、
「株式会社ウィークリーマンションツカサ」を設立。
1999年9月にはウィークリーマンションの営業権を
米投資会社リーマン・ブラザーズ社へ売却しました。
(現・ウィークリーマンション東京)
現在は、「株式会社ウィークリーマンションツカサ」を
「ツカサ都心開発株式会社」に社名変更しています。
現在、ツカサ都心開発株式会社とツカサグループが展開するのは、
主にマンスリーマンション事業ですが、ツカサはそれ以外にも
レンタルオフィス、ネットルーム、カフェホテルといった
不動産事業に加えて、昭和30年代村などの介護事業や
スクール事業など、「個人支援」という独自のアイディアと
企業理念に基づいた多角的な事業展開をしています。
ツカサが力を入れているマンスリーマンションは、
ウイークリーマンション同様、短期賃貸マンションのシステムとして
日常生活に支障がないよう家具・生活用品が完備されていますので、
自宅からカバンひとつですぐに滞在先で生活できる手軽さがあり、
敷金・礼金・ゼロ・保証人など一般の賃貸契約手続きも不要です。
ウイークリーマンションのパイオニアとして発展した
ツカサならではのアイディアと起業精神に基づき
これからもマンスリーマンションを始めとする事業を展開していく
そのツカサのアイディアには大いに期待したいところです。

ウィークリーマンションのデメリットはメリットと表裏一体


ウィークリーマンションなど短期賃貸マンションは、
ホテルと賃貸住宅の双方のメリットを併せ持つ賃貸契約として
受験や長期出張者など一定期間以上の滞在に便利と人気です。
ウィークリーマンションなど短期賃貸マンションは、
1週間から利用できる家具や生活(自炊)用品付きの
短期賃貸マンションの形式となっています。
ウィークリーマンションなど短期賃貸マンションには、
テレビ、冷蔵庫、洗濯機などの大型家電から
電気釜や電子レンジなどの生活(自炊)用品が一通り揃っていますので、
面倒な賃貸契約なしで、自宅からカバン1つですぐ入居出来ますし、
入居と同時に、普段通りの暮らしを始めることができる上に、
一般的なホテルや賃貸住宅よりは料金的にも割安のことが多いです。
このようにいいことずくめのウィークリーマンションですが、
利用状況によっては割高になる場合もあり、
またウィークリーマンションなど短期賃貸マンションならではの
デメリットというか注意点もありますので、それらを理解した上で
ウィークリーマンションなど短期賃貸マンションを利用しましょう。
まず、ある程度の滞在ではウィークリーマンションが割安ですが、
相当程度長期間の滞在には普通の賃貸物件に住んだ方が得になります。
これは、普通の賃貸物件の1日当たりの家賃と、
ウィークリーマンションなど短期賃貸マンションの1日の料金では
家具や生活(自炊)用品などの設備が揃っている分だけ、
一般の賃貸住宅に比べて価格が割高になっているからです。
そこで、一般の賃貸住宅の賃貸契約にかかる費用込みで計算して
料金を比較してみることも必要でしょう。
また、ウィークリーマンションなど短期賃貸マンションの場合、
メリットのひとつである入居契約が簡単という点、
敷金・礼金・保証金や保証人などが一切不要という便利さが
ある意味でウィークリーマンションのデメリットになります。
というのも、入居条件が甘いという点は、契約が簡単であると同時に
入居審査が甘くどんな人間が入居している分からない
というウィークリーマンション内の不安があるからです。
さらに、ウィークリーマンションのデメリットとして、
隣室との壁が薄い物件が多く、隣の生活音が丸聞こえになるなど
居住者間の騒音やプライバシーの問題もあります。
このように、ウィークリーマンションなど短期賃貸マンションは
外部の騒音や外部に対するセキュリティーはしっかりしているが、
内部の居住者同士に対するセキュリティー関係が甘い傾向にあります。
以上のことから、ウィークリーマンションの利用がお勧めできる
という状況の人は、一定期間の短期間の居住・生活をする人
例えば受験や短期出張の人ということになるでしょう。
もしくは経済的に余裕があって、滞在先であるホテルに
家具や生活(自炊)用品を揃えるのが面倒くさいという人には
ウィークリーマンションなど短期賃貸マンションはお勧めです。
一方で、腰を落ち着けて長期間の滞在や生活をする予定のある人は、
普通の賃貸マンション、賃貸住宅の方がお勧めできます。
このように、ウィークリーマンションなど短期賃貸マンションは
メリットとデメリットが表裏の関係になっているともいえますので、
賃貸住宅との違いや双方のメリットデメリットを良く理解した上で
上手にウィークリーマンションなど
短期賃貸マンションを利用しましょう。

受験や長期出張にはウィークリーマンションなど短期賃貸マンション


受験や長期出張など一定期間の滞在に便利と評判なのが
ウィークリーマンションなどの短期賃貸マンションです。
ウィークリーマンションは、滞在期間が1週間以上な場合、
便利で割安に利用できる短期賃貸マンションのシステムです。
ウィークリーマンションは、家具や生活(自炊)用品付きなので
長期滞在時に生活に不便を感じることもほとんどありません。
このような短期賃貸マンションのシステムのうち、
週刻みの料金体系になっているものをウィークリーマンション、
月刻みの料金体系になっているものをマンスリーマンション
と呼んでいますが、最近は1日単位で借りられるタイプの
短期賃貸マンションも登場しているようです。
滞在期間が1週間を越えるような滞在の場合には、
ホテル住まいは割高な上に不便です。
というのも、ホテルでは生活施設としての設備がないため、
長期滞在する住居としての機能を満たしていないからです。
一方で一般の賃貸住宅を利用するといっても、
敷金・礼金・保証金や保証人などの煩雑な制度があるため、
賃貸の期間は少なくとも1年程度にならざるをえません。
そこで、短期滞在用の宿泊施設であるホテルと、
長期生活を前提とした一般の賃貸住宅の中間をとったもの
として短期賃貸マンションです。
それらの中間として短期賃貸マンションが登場したのです。
ウィークリーマンションなど短期賃貸マンションのメリットは、
テレビ、冷蔵庫、洗濯機などの大型家電から
電気釜や電子レンジに至るまでの家電製品など
生活(自炊)用品が一通り揃っている点にあります。
そのため、ウィークリーマンションに入居する際には、
自宅からカバン1つの荷物で入居出来て、
入居と同時に、普段通りの暮らしを始めることができます。
また、一定期間の長期滞在が可能にもかかわらず、
敷金・礼金・保証金や保証人などが一切不要なのも
ウィークリーマンションのメリットです。
価格的には月額5万円から15万円程度の物件が多く、
日額に直すと1日1,700円から5,000円が相場となります。
一般的なビジネスホテルの宿泊費は一泊3,500円から
7,000円程度が相場ということを考えると、
滞在期間1週間〜数ヶ月程度までの利用であれば
ウィークリーマンションを利用した方が
ホテルや賃貸マンションより割安という経費的な面も
ウィークリーマンションなど短期賃貸マンションのメリットです。
また利便性の点でも、ウィークリーマンションの物件の多くは
駅から徒歩圏内にあるため交通の便でも申し分ありません。
ウィークリーマンションは周辺の騒音に対する防音にも対応し、
セキュリティー面でも進んでいますので安心して生活できます。
このように、受験や長期出張など一定期間の滞在には、
生活リズムを崩さずに普段のペースに近い生活ができるので
ウィークリーマンションなど短期賃貸マンションの利用が
最も適しているといえると思います。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。