スポンサードリンク

一人暮らしの冷蔵庫選びのポイントと設置場所の注意点


一人暮らしをする上で必需品の家電製品のひとつが冷蔵庫です。
最近はコンビニエンスストアが普及しましたので、
以前ほど冷蔵庫は必需品ではないとはいうものの、
やはり自宅に冷蔵庫がないというのは生活には相当不便ですので、
冷蔵庫は一人暮らしの家電製品では必需品のひとつだと思います。
一人暮らしでの冷蔵庫選びのポイントは何といっても容量でしょう。
一人暮らしでは部屋数やスペースも限られているため、
居住空間を効率よく利用するためには、冷蔵庫の容量も
できるだけコンパクトにしたいと考えるかもしれません。
しかし、冷蔵庫の場合、ただ小さければいいのかというとそうでもなく、
冷蔵保存したいものが入りきらなかったり、電気代が不経済だったりと、
大きさだけで決めてしまうとかえって無用の長物になりかねません。
そこで、一人暮らしの冷蔵庫選びのポイントについて解説してみます。
一人暮らしで使う冷蔵庫選びの最重要ポイントの容量ですが、
最適な冷蔵庫の容量の計算式を
大手家電メーカーのNationalが公開しているので
その数式に基づいて考えてみましょう。
冷蔵庫の容量=(70リットル<一人当たり容量>×n<家族の人数>)
+100リットル<常備品容量>+70リットル<予備容量>という数式です。
この最適な冷蔵庫の容量を求める計算式に一人暮らしを当てはめてみると、 
(70リットル×1人)+100リットル(常備品)+70リットル(予備)
=240リットルとなり、一人暮らしの場合なら、
240リットルの冷蔵庫が最適な容量ということになりますね。
しかし、これはあくまでも
日常的に調理を行う一般家庭を対象にした数式で、
一人暮らしの場合、ライフスタイルなどに応じて
自室での調理の頻度が違うので、
自炊中心なのか外食中心なのかを考慮して考える必要があるでしょう。
一人暮らしで食事は自炊中心の生活を考えていたり、
近くにスーパーやコンビニがなく1〜2週間のまとめ買いをする方は、
この数式の回答どおり冷蔵庫の容量は200リットル以上がお勧めですが、
もし外食中心のライフスタイルだというのならば、
70リットル〜140リットルクラスの冷蔵庫で十分だと思います。
また、自炊して弁当なども手作りしている方で
食材の作り置きにフリージングを活用したいという方なら、
冷凍室の容量の多いタイプの冷蔵庫を選ぶと良いでしょう。

 ⇒ 【週末特価!】【当店ポイント2倍】三菱 256L 2ドア ノンフロン冷蔵庫【税込】 MR-H26P-PW [MR...
冷蔵庫の容量と電気代の関係ですが、小さければそれだけ電気代が安い
というわけではありませんので注意してください。
一般的に最も電力の消費効率がよく、電気代が経済的といわれているのは
冷蔵庫の容量400リットル〜450リットルのサイズなのです。
一人暮らしで自炊もしないという方でも、
あまり容量の小さな冷蔵庫にすると電気代が割高になる可能性もあるので、
消費電力にも注意を払って比較検討することが必要でしょう。

 ⇒ SHARP(シャープ) ★税込★ボトムフリーザー冷蔵庫 137L SJ-14P(SJ14P)
ライフスタイルや部屋のスペースとの兼ね合いも考えながら、
電気代も節約できる冷蔵庫の選び方を考えて見ましょう。
冷蔵庫を設置する場所についてですが、
直射日光の当たらない風通しの良い場所で、
ドアの開閉が出来る場所が最低限の設置条件になります。
冷蔵庫の設置で意外と知られていない点が放熱スペースの確保です。
冷蔵庫の裏面、左右、上部それぞれに
最低5cm程度のスペースは確保しないと放熱が上手くいかずに
冷蔵庫内が冷えなかったり故障の原因になりますので、
冷蔵庫購入前の設置場所の確認は重要です。
冷蔵庫設置場所のスペースを確保する場合は、
冷蔵庫の大きさとともに放熱スペースの確保も忘れないようにしましょう。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。