スポンサードリンク

一人暮らしの部屋はどの程度の広さの間取りが必要か


一人暮らしの部屋の広さと間取りについて考えてみましょう。
一人暮らしであるなしに関わらず部屋の間取りは広い方がいいですが、
部屋の間取りは広ければそれだけ賃料も高くなりますので、
一人暮らし向きの代表的な間取りは「ワンルーム」「1K」「1DK」
といったところが現実的な選択肢になるのではないでしょうか。
物件のつくりにもよりますが、部屋の専有面積で比較すれば、
「ワンルーム」「1K」「1DK」の順に専有面積は広くなる傾向があります。
では、間取りのタイプごとに特徴を解説していきます。
まず「ワンルーム」ですが、ワンルームタイプの部屋は、
キッチンも居室内の1室にまとまっている間取りになります。
キッチンとの仕切りがない分、居室が広くなる場合もありますが、
室内に置く家具・家電が、すべて同一スペースに収まることになり、
部屋に生活感が出やすくなります。
また、ワンルームは玄関から部屋全体が丸見えになりますし、
水周りや玄関の臭いが気になるという場合もありますので、
ワンルームタイプの部屋はお洒落な居住空間にはなりにくいですが、
家賃が最も安い物件が多いのもワンルームタイプの特徴です。
一人暮らしの部屋は基本的に「寝るだけの場所」と割り切れば
ワンルームタイプの部屋は最も経済的ともいえます。
次に「1K」タイプの部屋の特徴を解説します。
「1K」のKはキッチンのことで、「1K」タイプの部屋は、
キッチンの水回りと居室が、壁や扉で仕切られている
というタイプの間取りになります。
「1K」タイプの部屋ですと、居室とキッチンが仕切られているため、
居室を独立した空間として演出しやすくなりますが、
キッチンスペースが狭いことが多いため、
キッチン関係の調度品を居室に置かざるを得ないことも多いようです。
最後に「1DK」タイプの部屋の特徴を解説します。
「1DK」のDKはダイニングキッチンのことで、
居室のほかにダイニングキッチンがあるタイプの間取りです。
調理スペースとしてだけでなく、ダイニングとして食卓の用途にも使える
スペースが広めの独立したキッチンがあるタイプの部屋ですので、
各部屋を目的に応じて使い分けることができます。
料理をよくする自炊派の方や、友達を呼んで一緒に食事をする機会が多い
という一人暮らしの人におすすめの間取りといえるでしょう。
実際に一人暮らしの部屋を選ぶ際にどのタイプの間取りにするかは、
住む人のライフスタイルによって異なってくると思います。
部屋で生活する時間が短く外出しがちの人などは、
一人暮らしの部屋は寝るだけの場所になるでしょうから、
間取りや広さには多少目をつぶって家賃を節約し、
浮いたお金を外で行動する資金にするほうがいいと思います。
一方で休日など家で過ごすことが好きな人は、
予算の許す限り間取りや広さにこだわって部屋を選びましょう。
また、家での時間を大切にしたい人は日当たりも重視してください。
居室は実際に一番長くいるスペースですから、
自分にとってくつろげる間取りであるかどうか確認しましょう。
なお、部屋選びのもうひとつのポイントとして、
デザイナーズマンションに多く見られるような、
壁の一部が斜めになっていたり、弧を描いているような
変形間取りの部屋の形は、個性的な空間をつくりだせる間取りですが、
思わぬデッドスペースが出て使い勝手が悪いこともありますので
その点では注意が必要です。
一人暮らしの間取りでは、収納もチェックポイントのひとつです。
収納が少なくて荷物が部屋にはみ出していると部屋が狭くなるので
収納は大きければ大きいほど便利です。
以上の点に注意して一人暮らしの部屋探しは入念な下見から始めましょう。
物件選びには、物件の外観や立地条件も大切です。
部屋の内部が建物の外からあまりにも丸見えの場合、
一日中カーテンを引いたままになる恐れもあるので、
建物の外部からの自分の部屋の見え具合を確認することも大切です。
また、物件の周辺環境がどうなのかについては、
朝方、昼間、夜間など時間帯や平日、休日と曜日によってどうなのか
ということについても、よく考える必要があります。
自分が実際にそこで生活することを想定してシミュレーションし
快適な一人暮らしができる間取りの部屋を選びましょう。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。