スポンサードリンク

女性が通り魔に狙われやすい行動と服装とは?


女性の一人暮らしでは防犯対策が非常に重要ですが、
女性の場合、ひとり暮らしであろうがなかろうが、
通り魔などに襲われないように日々の行動や服装など
防犯対策には注意を払う必要があると思います。
そこで、今回は女性が通り魔に狙われやすい行動と服装
という観点から女性の一人暮らしの防犯対策を解説します。
まず、通り魔などは、無差別に相手を狙っているように見え、
実際に犯行後も「相手は誰でもよかった」などと供述していますが
実際にはきちんと相手を選んで襲っているのです。
「相手は誰でもよかった」というのは、もう少し正確にいえば
「自分より弱そうな相手、襲いやすそうな相手なら誰でもよかった」
ということで、通り魔被害に遭うのは多くの場合、
老人や女性といった無防備で反撃しそうもない方々です。
そこで、女性の一人暮らしの防犯対策として
通り魔の被害に遭わないようにするために気をつけるポイントですが、
私は警戒していますという無言のアピールに心がけるようにします。
ひったくり犯は8割から9割が背後から接近してきます。
また、泥棒が侵入を諦める一番の理由は顔を見られた時です。
通り魔も、顔を見られたり警戒している相手を襲うことは避ける
という傾向が強いことから、人けのない道を歩いているときなど、
背後からの接近には壁を背にして振り返ることが効果的です。
逆に携帯電話の通話やメールに夢中になっていたり、
音楽を聴きながら無防備に歩いているなどは格好のターゲットです。
特に、最近のポータブルステレオのヘッドフォンは
周囲の音が聞き取りにくくなっていますので危険です。
服装にしても、勝ち組をアピールするような服装、
例えばブランド品で着飾っていたりするなどは、
格差社会に置いてきぼりにされた通り魔予備軍の神経を逆撫でする
という危険性も大きいため、無謀ともいえます。
また、スカートよりパンツルック、ハイヒールよりスニーカーの方が
女性と認識されにくく、狙われるリスクも軽減されます。
あまり神経質になりすぎるとお洒落もままならない、
ということにもなってしまいますが、少なくとも、
襲われるリスクというものを常に理解して、
気持ちの上での警戒を怠らない、ある意味野性的な警戒心を持つことが
これからは女性の一人暮らしでの防犯対策として必要だと思います。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。