スポンサードリンク

一人暮らしの部屋の家具選びのポイントと注意点


一人暮らしをする場合、生活に必要な家具の用意が必要です。
しかし、実家暮らしの感覚で家具を揃えてしまうと、
独り暮らしの部屋の生活スペースが足りないこともでてきますので
一人暮らしで家具を選んだり買う際には、
まず、その家具がどうしても必要なのかをよく考えてみましょう。
というのも、引っ越して荷物を入れる前の部屋は広く見えますが、
実際に家具を入れ生活してみると思いのほか狭く感じるものです。
一人暮らしの大半の方は比較的小さな狭い部屋で暮らす
ということが大半になると思いますので、
その家具が本当になくてはならない家具なのか、
よく考えしっかりと見極めてから購入を決めるようにしましょう。
それでは独り暮らしの家具の必需品についてですが、
まず一人暮らしで必要な家具〜ベットの選び方です。
ベットのサイズ・形・機能もさまざまなものがあります。
その中から、自分の身体の大きさに合わせて、
部屋の広さにあった大きさ・形・機能を見極めて選びましょう。
次にカーテンですが、快適な一人暮らしのために、
カーテンは部屋のイメージを決める大事な要素のひとつです。
部屋のカーテンも、素材や色・デザインにこだわると、
なかなか気に入ったものが見つからないものです。
そのようなときはインターネットで下調べをしてみましょう。
ネットでカーテンの下調べをしてイメージが固まっていれば、
自分のイメージにぴったりの物が見つかり次第すぐに購入できます。
次に独り暮らしの部屋の収納家具ですが、
収納家具としては、メタルラックやカラーボックスなどを使って
見栄え良く収納するといいと思います。
メタルラックやカラーボックスは価格もリーズナブルで、
一人暮らしにはピッタリの収納アイテムだといえます。
この他の一人暮らしに必要な家具として、
鏡(姿見)・ミニテーブル(ちゃぶ台)・クローゼット
・衣装ケース・食器棚、
そしてパソコンをお持ちでしたら机と椅子も必要になります。
最初にも書きましたが、一人暮らしの家具は必要最小限のものをそろえ、
必要に応じて買い足してくようにするのが賢い方法です。
引越しして家具を搬入してみたら生活スペースが足りない
ということになって購入した家具を実家に送り返す
という笑い話のような出来事は頻繁に起こっていますので、
独り暮らしの際の家具は必要に応じて買い足していきましょう。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。