スポンサードリンク

独り暮らしの部屋探しの知られざる重要チェックポイントとは?


独り暮らしをしようとした場合、まず住む部屋を探す
ということが最初のステップになると思います。
そこで、独り暮らしの部屋探しについて考えてみましょう。
独り暮らしと一口にいっても、学生の一人暮らし、
単身者の一人暮らし、高齢者の一人暮らしなど、
様々なパターンがありますし、男性の独り暮らしなのか、
女性の独り暮らしなのかによっても、引越しや部屋探しでは
ニーズや注意点なども違ってくるでしょう。
しかし、それらのいずれの場合においても、
これから一人暮らしを始める際の部屋探しでは、
知り合いなどのつてで独り暮らしの物件を紹介してもらう以外では
まず不動産会社探しから始まることは間違いありませんよね。
では独り暮らしの部屋を探す際、仲介不動産会社を選ぶ注意点ですが、
何といっても地域で信頼されている不動産会社を選ぶと安心です。
一人暮らしの部屋探しでは、どのエリアに住むのか、
家賃はいくらまで払えるのか、希望の間取りなどの基本的なことから、
最近ではインターネットへの接続環境やデジタル放送受信環境など
テレビ放送の受診環境もチェックが必要になります。
次に独り暮らしをする部屋を下見するときのチェック項目ですが、
間取り・給湯設備・照明機器・洗濯機置き場
・キッチンスペースの確認などが基本になります。
また、女性の独り暮らしの場合、防犯上の観点も大切です。
女性の場合は1階よりも2階以上の階の部屋を選ぶ方が
防犯上も安全といえるのではないでしょうか。
また、集合住宅の場合、階下の物音よりも
上の階の物音が響く傾向が強いですので、
最上階の部屋を選ぶと隣人の騒音に悩まされることも減ります。
そういった意味では階段近くやエレベーター付近の部屋も
出来れば避けた方がいいでしょう。
部屋を選ぶ際には日当たりについても考えておく必要があります。
部屋の日当たりはいいに越したことはありません。
たとえ昼間は部屋にいないことが多いとしても、
日当たりの悪い部屋は湿気もこもりますので、
家具や洋服などにカビも発生しやすいですし、
健康的にもあまり良くないといえます。
また、部屋が大きな幹線道路や線路に面していたりすると、
騒音や排気ガスの粉塵に悩まされることにもなり、
洗濯物が外に干せないとか、喘息の原因にもなります。
部屋が公園に面している場合、一見住環境が良さそうですが、
浮浪者が寝泊りしていたり、子供の遊び声がうるさかったり、
夏場の夜は暴走族や不良のたまり場になることもあるので、
あながち住環境が良いとも言えない面があります。
駐車場、工場、倉庫や会社のオフィスに面している場合などは、
搬入搬出の車の音に早朝から悩まされる場合が多いです。
そういった意味で、独り暮らしの部屋探しで
静かな住環境を望むのであれば、住宅街の一角にある部屋がいい
ということがいえるのではないかと思います。
集合住宅の場合は、共用スペースのチェックも重要です。
そして廊下、通路、階段などの共用スペースの清掃の様子や、
ゴミ捨て場・駐輪場の使い方などで、
建物の管理状態が良いかどうかチェックしましょう。
また、共用スペースの管理状況をチェックすることで、
そこに住んでいる人のマナーや人格などもある程度分かります。
そして、住居人がどんな年代の人が多いか尋ねることも大切です。
集合住宅の場合、他の住居人の質が住み心地に大きく影響するので、
そのあたりのチェックは怠らないようにしたいものです。
独り暮らし用の部屋として希望の物件が見つかったとしても、
予算的に折り合わなければ意味がありません。
そこで、実際に独り暮らしでどれくらいの生活費が必要になるか
一人暮らしの資金をシュミレーションしておきましょう。
独り暮らしの部屋探しのポイントは、独り暮らしをする方の
ライフスタイルによってそれぞれ重視する点が異なりますので、
上記の点を参考にして、あなたの独り暮らしのライフスタイルを
シミュレーションした上で部屋探しを行いましょう。

▽▽▽人気ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ
ありがとうございます。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。