スポンサードリンク

一人暮らしにかかる生活費の内訳と生活費支出割合の目安


一人暮らしをする場合、まず考えなければいけないのは、
一人暮らしにかかる生活費の費用です。
一人暮らしの生活費の費用を見積もって、
自分の収入と比較して、実際に一人暮らしが可能かどうか、
一人暮らしをする場合にどのような生活を送ることができるのか
シミュレーションをしてから独り暮らしの準備を始めましょう。
一人暮らしの生活費として考えなければらならいのは、
家賃・駐車場料・税金・保険料・水道・ガス・電気・電話代などの
毎月一定額がかかる固定の生活費と、
電話通話代・食費・交通費・交際費・趣味(書籍代や娯楽など)
・被服費・医療費など、毎月の支出額が変動する生活費があります。
固定の生活費の内容は基本料金などですから、
この費用を節約することは難しいです。
ですから固定費は必要経費として、確実に計算して見積もっておく
ということが大切になります。
一人暮らしの生活費として節約できるとしたら、
それは工夫や努力次第で支出額を変えることができる変動費でしょう。
食費や遊行費などの毎月変動する生活費は、
自分の努力や工夫でいくらでも節約することができます。
一人暮らしの一ヶ月あたりの生活費の目安としては、
一般的には、6万円程度のワンルームに住んで無駄遣いをしない場合で
13万円〜14万円程度かかると言われていますので、
家賃以外の生活費は7〜8万円程度と見込んで考えるといいでしょう。
収入から見る独り暮らしの生活費支出の割合の目安は、一般的に、
光熱費・水道・通信費…10%以内。食費…15〜20%。
家賃・駐車場代など…20〜30%。日用品…5%。
保険料…10%以内。小遣い…10%以内。
娯楽・交際費・・・5%以内。被服費…3〜5%以内。貯蓄…5%〜です。
これを手取り14万円の一人暮らしと仮定して計算してみると、
光熱費・水道・通信費…1.4万円以内。食費…2万円〜3万円。
家賃・駐車場代など…3万円〜5万円。日用品…7千円。
保険料…1.4万円以内。小遣い…1.4万円以内。
娯楽・交際費…7千円以内。被服費…4千円〜7千円以内。
貯蓄…?円〜となります。
こうしてみると、意外と自由に使えるお金は少ないですよね?
学生さんなど実家から仕送りをしてもらえる場合は別として、
実際、独り暮らしをするより親元にいた方が、
お小遣いなど自分で自由に使えるお金は多いのが現実です。
しかし、独り暮らしには親元から離れて独立し、
自分だけの力で生活をしていくという自由や楽しみもあります。
人それぞれ趣味・ライフスタイルにより支出の割合は変わってきますし、
親元から独立して自立することは大人になる上で必要なことですから、
上手な一人暮らしの節約術を身につけ、
有意義な生活を送ることができるよう頑張りたいものです。

▽▽▽人気ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ
ありがとうございます。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。