スポンサードリンク

時間がない人でもできる一人暮らし自炊料理のレシピ


一人暮らしの自炊料理のレシピについて考えてみたいと思います。
一人暮らしとひとことでいっても、暮らしぶりは人それぞれに違い、
学生の一人暮らし、単身赴任者の一人暮らし、
高齢者の一人暮らし、男性の一人暮らし、女性の一人暮らしと様々です。
自炊に対する考え方も暮らしぶりによって違うでしょうが、
それでも食べることは生きていくうえで欠かせない生活の基本ですし、
健康管理という面でも食べることはとても大切な行為です。
ですから、どのような状況の一人暮らしであっても、
食事を軽視することは健康な生活を送るうえで非常にマイナスになります。
そういった観点から、もう一度、自分の食生活について見直してみましょう。
一人暮らしの食生活は、どうしても食事が不規則になったり、
栄養バランスが偏ったものになりがちです。
しかし、身体の健康を保つためには、バランスの取れた食事を規則正しく取る
ということがとても大切であることはいうまでもありません。
若いうちは栄養の偏った食生活で特に支障がなくても、
年齢を重ねた時に生活習慣病などのツケが必ず身体に返ってきますよ。
ですから、若いうちから食生活には気を遣うことが大切なのです。
一人暮らしの食生活は、ついつい外食が多くなったり、
コンビニ弁当やファストフードで食事を済ませてしまいがちになります。
しかし、外食、コンビニ弁当、ファストフードばかりの食生活は、
栄養も偏るうえ保存料や化学調味料過多で健康的にも良くありません。
健康的な食事は、新鮮な旬の食材を素材の良さを生かして調理したもの
という、自然の摂理に極力沿ったものでなければなりません。
そういうと、何か大層な立派な料理を想像してしまうかもしれませんが、
自炊をすれば簡単に理想的な料理レシピが実現できますよ。
自炊をして料理を自分でつくることで野菜不足も補えますし、
栄養的にバランスの取れた健康に良い食事をとることができます。
健康なときは健康の大切さをついつい忘れがちになりますが、
健康であることに感謝し、バランスの取れた食事を取るように心がけましょう。
一人暮らしで自炊による食事づくりを長続きさせるにはコツがあります。
まず、料理が楽しく思わず料理をしたくなるような環境をつくる
ということが大切ですね。
そのためには、キッチンシンクなど流しの水周りをいつも清潔にしておく
ということを心がけましょう。
キッチンが乱雑で汚いままでは料理なんてする気になりませんからね。
当然ですが、食事が終わった後の食器はこまめに洗い、
冷蔵庫内はいつもキレイに整理しておきましょう。
冷蔵庫内に残った食材を腐らせてしまったりすると、
料理をする気も失せてしまいますから。
料理は簡単に楽しくできるもレシピをいくつかストックしておくといいですよ。
最初から凝った料理を作ろうとすると長続きせずに挫折しがちです。
それより簡単で美味しい料理をこまめに作り、
料理を習慣にすることが大切なのです。
そこで、簡単で楽しい一人暮らしの食事レシピを紹介します。
ひとつ目は一日の活力を支えるパワーブレックファストにピッタリな
「ホットサンドと健康野菜ジュース」の朝食です。
忙しい朝にピッタリのレシピだと思いますよ。
野菜ジュースはりんご、、オレンジ、トマト、セロリなどお好みの野菜を
ジューサーミキサーにかけるだけで十分。
素材の野菜の持つ自然の甘味を楽しんでください。
ジューサーミキサーは、ジュースを作る以外でも、
野菜を効率よく沢山採れる調理法に大変便利なので、
一台持っているととても役に立つ調理器具のひとつです。
ホットサンドは、厚切りパンをこんがりトーストして、
キャベツ炒めとボイルしたソーセージをはさみ、
お好みでケチャップやマスタードをぬれば出来上がり
という超簡単レシピです。
簡単な料理にもかかわらず、食物繊維もたっぷりとれるので、
健康にもよい食事ですので、忙しい朝にはピッタリのレシピですね。
ふたつ目は「豚ばら肉とキャベツのトマト煮」です。
こちらはパンにもあう健康によいレシピです。
キャベツは最後に入れて、歯ざわりを残すのがこのレシピのポイント。
トマトの酸味が豚バラ肉の脂の甘味とマッチして、
とても相性がいい取り合わせですよ。
ごはんのおかずにはもちろん、ホットサンドの具としても
ピッタリの万能レシピではないでしょうか。
一人暮らしの自炊は、材料費などの点で不経済だと言われますが、
工夫して材料を効率よく使いまわすことで、
美味しい料理を経済的に楽しむことができます。
そのうえ、健康増進に繋がるとしたら一石二鳥以上の効果がありますよね?
そんな耳寄りなレシピと調理のコツをプロが公開していますよ。
 ⇒ Naokoクッキングプログラム「激ウマ節約料理法」

一人暮らしの食事と自炊料理のコツ・注意点について


一人暮らしの食事と料理について考えてみたいと思います。
一人暮らしの食事と料理については、生活スタイルによって
考え方が大きく分かれるところです。
大きく分ければ、自炊派と外食派に分かれると思いますが、
それによって一人暮らしの食事と料理についての考えも変わってきます。
コンビニが普及する以前は、食料品を扱う店舗や外食用の飲食店の
営業時間等が限られていたため、自炊をするにしろ外食をするにしろ、
一人暮らしの食事と料理をどうするか、ということについては、
結構大きな問題だったような気がします。
しかし、最近では近くに必ずといってもいいほどコンビニがありますし、
そこそこの値段で食事を提供してくれる外食店も増えていますので、
一人暮らしといえども食事で頭を悩ますことは少なくなりました。
一人暮らしをしている知り合いの家へ行って冷蔵庫を開けたら、
中身は清涼飲料水などのペットボトルだけだった、という話もよく聞きます。
極端にいうと、料理を一切しなくても一人暮らしの際の食事には事欠かない
というのが現実となっています。
しかし、そうは言っても、健康面などのことを考えれば、
やはり自炊にもチャレンジした方がいいことは言うまでもありません。
外食はどうしても栄養に偏りが出ますし、一般的に味付けも濃いので、
外食ばかりの偏った食生活を続けると
肥満や生活習慣病の原因にもなりかねません。
健康的な食生活を心がけるなら、一人暮らしでも時々は自炊をして、
栄養バランスのよい食事を摂るようにした方がいいと思いますよ。
一人暮らしの場合、どうしても食生活の栄養バランスが偏りがちになるので
出来れば玄米や発芽玄米などの、ギャバやビタミンなどを多く含む
栄養価の高いお米を混ぜて炊いて食べると、
健康管理に大変効果があると言われています。
また、緑黄色野菜やビタミン・ミネラルの豊富な海藻類なども
でるだけバランスよく食べるようにしましょう。
さて、一人暮らしの食事で自炊をするといっても、
料理が苦手で自炊をする気になれないという方もいるかもしれません。
そういった方は、まず料理する習慣をつけることから始めましょう。
料理といっても、他人にふるまうわけではないのですから、
凝った料理ではなく、まずは簡単なレシピから挑戦してみましょう。
一人暮らしの自炊料理のポイントは、
手間をかけずわかりやすいレシピを、
楽しみながら美味しい料理をつくるようにすることです。
最初のうちは毎日料理する事は難しいかもしれませんので、
時間のある時、気の向いた時に自炊してみる、
といった感じでいいと思います。
一人暮らしの自炊料理の際に注意するポイントとしては、
料理レシピとして公開されているものは、ほとんどが家族向けの分量で
4人分とかの記載になっていますので、
調味料の分量が分からなくなりがちです。
ネットで調べると一人分の分量のレシピも公開されていますので、
一人暮らし用の料理レシピを活用すると良いでしょう。
また、一人暮らしの自炊は、材料をまとめ買いできないので、
意外と不経済になりがちといわれています。
食材を経済的に使いきれるよう、メニューの組み合わせなどを
上手に考える必要もありますね。
料理が苦手な人は、厨房のアルバイトを経験してみるという方法もあります。
厨房でアルバイトをすると、賄い料理で食費も浮きますし、
包丁の使い方も覚えられたり、料理のコツも分かりますのでお勧めです。
いずれにしても、一人暮らしの自炊料理は、
偏りがちな食事の栄養バランスを整え、しかも節約生活にもつながります。
一人暮らしの皆さんは、ぜひ料理作りに挑戦してみてくださいね。
 ⇒ Naokoクッキングプログラム「激ウマ節約料理法」

一人暮らしの冷蔵庫選びのポイントと設置場所の注意点


一人暮らしをする上で必需品の家電製品のひとつが冷蔵庫です。
最近はコンビニエンスストアが普及しましたので、
以前ほど冷蔵庫は必需品ではないとはいうものの、
やはり自宅に冷蔵庫がないというのは生活には相当不便ですので、
冷蔵庫は一人暮らしの家電製品では必需品のひとつだと思います。
一人暮らしでの冷蔵庫選びのポイントは何といっても容量でしょう。
一人暮らしでは部屋数やスペースも限られているため、
居住空間を効率よく利用するためには、冷蔵庫の容量も
できるだけコンパクトにしたいと考えるかもしれません。
しかし、冷蔵庫の場合、ただ小さければいいのかというとそうでもなく、
冷蔵保存したいものが入りきらなかったり、電気代が不経済だったりと、
大きさだけで決めてしまうとかえって無用の長物になりかねません。
そこで、一人暮らしの冷蔵庫選びのポイントについて解説してみます。
一人暮らしで使う冷蔵庫選びの最重要ポイントの容量ですが、
最適な冷蔵庫の容量の計算式を
大手家電メーカーのNationalが公開しているので
その数式に基づいて考えてみましょう。
冷蔵庫の容量=(70リットル<一人当たり容量>×n<家族の人数>)
+100リットル<常備品容量>+70リットル<予備容量>という数式です。
この最適な冷蔵庫の容量を求める計算式に一人暮らしを当てはめてみると、 
(70リットル×1人)+100リットル(常備品)+70リットル(予備)
=240リットルとなり、一人暮らしの場合なら、
240リットルの冷蔵庫が最適な容量ということになりますね。
しかし、これはあくまでも
日常的に調理を行う一般家庭を対象にした数式で、
一人暮らしの場合、ライフスタイルなどに応じて
自室での調理の頻度が違うので、
自炊中心なのか外食中心なのかを考慮して考える必要があるでしょう。
一人暮らしで食事は自炊中心の生活を考えていたり、
近くにスーパーやコンビニがなく1〜2週間のまとめ買いをする方は、
この数式の回答どおり冷蔵庫の容量は200リットル以上がお勧めですが、
もし外食中心のライフスタイルだというのならば、
70リットル〜140リットルクラスの冷蔵庫で十分だと思います。
また、自炊して弁当なども手作りしている方で
食材の作り置きにフリージングを活用したいという方なら、
冷凍室の容量の多いタイプの冷蔵庫を選ぶと良いでしょう。

 ⇒ 【週末特価!】【当店ポイント2倍】三菱 256L 2ドア ノンフロン冷蔵庫【税込】 MR-H26P-PW [MR...
冷蔵庫の容量と電気代の関係ですが、小さければそれだけ電気代が安い
というわけではありませんので注意してください。
一般的に最も電力の消費効率がよく、電気代が経済的といわれているのは
冷蔵庫の容量400リットル〜450リットルのサイズなのです。
一人暮らしで自炊もしないという方でも、
あまり容量の小さな冷蔵庫にすると電気代が割高になる可能性もあるので、
消費電力にも注意を払って比較検討することが必要でしょう。

 ⇒ SHARP(シャープ) ★税込★ボトムフリーザー冷蔵庫 137L SJ-14P(SJ14P)
ライフスタイルや部屋のスペースとの兼ね合いも考えながら、
電気代も節約できる冷蔵庫の選び方を考えて見ましょう。
冷蔵庫を設置する場所についてですが、
直射日光の当たらない風通しの良い場所で、
ドアの開閉が出来る場所が最低限の設置条件になります。
冷蔵庫の設置で意外と知られていない点が放熱スペースの確保です。
冷蔵庫の裏面、左右、上部それぞれに
最低5cm程度のスペースは確保しないと放熱が上手くいかずに
冷蔵庫内が冷えなかったり故障の原因になりますので、
冷蔵庫購入前の設置場所の確認は重要です。
冷蔵庫設置場所のスペースを確保する場合は、
冷蔵庫の大きさとともに放熱スペースの確保も忘れないようにしましょう。

一人暮らしに欠かせない家電製品リストとその選び方


新しく一人暮らしを始めると、生活に必要な家電製品はもちろん、
家具などのインテリアについても一通り揃えなければなりません。
家具家電製品は限られたスペース内への配置になりますし、
予算的な問題もあるでしょうから、一人暮らしの家具家電製品は
揃えるべきものや大きさや性能などが一人暮らしの人向けのものを
選ぶ必要があると思います。
そこで、ひとり暮らしに必要な家電製品について
リストアップして解説してみたいと思います。
一人暮らしに欠かせない家電製品としては、照明機器は勿論として、
冷蔵庫・洗濯機・オーブンレンジ・テレビ・ガスコンロ・炊飯器
・掃除機・ドライヤーそれにパソコン・電話機などが挙げられます。
一人暮らしに欠かせない家電製品として、まず洗濯機があります。
コインランドリーを利用すれば洗濯機は必要ありませんが、
女性の方などはコインランドリーの利用は不安でしょうから
洗濯機は必需品ともいえますね。
洗濯機でおすすめは簡易乾燥機付全自動タイプのもので
一人暮らしなら容量は4〜6sもあれば十分です。
簡易乾燥機能が付いていると、雨が降ったりした場合、
ある程度まで乾かしてから部屋干し出来るので便利です。
一人暮らしの場合は長時間部屋を空けていることも多いでしょうから、
部屋干しができる簡易乾燥機付全自動洗濯機が便利なのです。
テレビも現代人の日常生活にとっては必需品ですよね。
テレビは、現在、液晶テレビ・プラズマテレビが主流になっていますが
大きさやデザインは、部屋の広さや置く場所、価格、
インテリアとのマッチングなどを考慮して決めましょう。
地デジ対応テレビでなければならないことは言うまでもありませんね。
それからパソコンとインターネット設備も必需品のひとつですよね。
テレビ放映も楽しめるパソコンと高速ネット回線があれば、
テレビを改めて購入する必要はないでしょう。
もし一人暮らしの人がこれからパソコンを買う場合は
省スペース型のノートパソコンがおすすめ機種です。
一人暮らしで自炊をする方は炊飯器も必需品になります。
1人暮らしの場合の炊飯器の選び方としては、
5合炊きだと大きすぎるので、3合炊きがおすすめのサイズでしょう。
ガスコンロも備えつけのものが無ければ必要になりますが、
キッチンにスペース的な問題がないのなら、
一人暮らしでも2口のガスコンロが便利です。
以上がひとり暮らしに必要な家電製品の代表的なものですが、
これらの家電製品をすべて買い揃えるとなると
正直なところかなりの出費になりますので、
部屋の広さやカラーコーディネート・インテリアを考えながら、
どうしても必要なものから揃えてくとよいでしょう。
また、購入費用を節約したいなら、リサイクルショップ利用がお勧めです。
最近は一人暮らしの家電製品や家具・インテリアを
リサイクルショップで購入する方が非常に増えており、
ネット販売にも対応していますので、上手に利用するといいですよ。
 ⇒ 中古リサイクルショップサイトの活用で一人暮らし新生活の準備を

ひとり暮らしでペットを飼う際に気を付けることは?


ひとり暮らしは時に寂しくなることもあるので、
ひとり暮らしでペットを飼えたらいいなと思う方も多いでしょう。
ペットと一緒の一人暮らしなら、ひとりの寂しさも紛れますし、
何といっても可愛いペットと一緒の生活は楽しいですよね。
飼い主である自分になついてくれる可愛いペットの猫や犬
そんな可愛い相棒が一緒なら、仕事で疲れたときや寂しいとき
たとえひとり暮らしではあっても本当に癒されるものです。
ただひとり暮らし用の賃貸物件はペット禁止も多いので、
ひとり暮らしでペットを飼うのはそう簡単ではありません。
マンションやアパートなどの集合住宅でペットを飼うには、
ペットを飼うことが許可された物件でなければ、
ペットと一緒に暮らすことはできません。
それに、ペット可の賃貸物件は数も少なく、
家賃も比較的高めというのが現状です。
しかし、最近のペットブームや、単身者の急増により、
ペット可の賃貸物件も以前に比べ増えてきています。
しかし、ペット可物件であっても、ペットの頭数や
ペットの大きさなどの制限があることもありますので、
ペット可賃貸物件を借りる際は、それら賃貸条件を
よく調べてからにした方がいいと思います。
さて、ペットはひとり暮らしの寂しさを癒してくれ、
ひとり暮らしのかけがえのないパートナーですが、
ペットの動物を飼うことは楽しいだけではありませんよね。
ペットの世話は大変な部分も多いですが、
大切な可愛い相棒ですから責任を持って世話をして、
ペットにはたくさんの愛情を注いであげることが大切です。
ペットを飼えば、毎日餌を用意し、排泄物の処理をして、
散歩をしたり遊んであげたりしなくてはなりません。
病気になれば病院に連れて行ったり、
看病などの世話もしなくてはなりません。
それにペットは一般の健康保険がききませんので
病院にかかる医療費負担も大変です。
これらのことは、忙しい一人暮らしの生活では、
実際には大きな負担になるものです。
本来、一人暮らしは自由気ままな生活を楽しめますが、
ペットを飼えば、ひとり暮らしの寂しさを癒してくれる分、
様々なことに拘束されることになります。
友達と遊ぶ時間が減るかもしれませんし、
旅行には簡単に行けなくなるかもしれません。
ペットを飼う場合にはそういった覚悟も必要になってきます。
ペットに対する責任は、全て飼い主のあなた一人にあるのです。
このように、実際にペットを飼うというのは、
実は想像以上に大変なことなのですが、
それをペットと一緒に乗り越えていくことで、
一人暮らしに癒しの「家族」を手に入れることができるでしょう。
ペットとのかけがえのない関係を築くためにも、
ペットを飼う前に、ペットの世話、ペットの医療など
そういったペットに関する将来の様々なことにも
考えをめぐらしてみる必要があるかもしれませんね。

一人暮らしの部屋の家具やインテリア購入の際のポイント


一人暮らしの生活は、たとえワンルーム住まいだとしても
一国一城の主ですから、自分の好みに生活空間を演出できます。
自分が憧れていた家具やインテリアなどを好みで揃えて
自分らしい生活空間を誰にも邪魔されずに演出できるのが、
何といっても一人暮らしの魅力ですよね?
一人暮らしの利点は、自分好みのインテリアを選び
自分の思い通りに部屋をコーディネートできることです。
そこで一人暮らしの生活でインテリアコーディネートを楽しんで
快適な一人暮らしを送るためのポイントを紹介したいと思います。
一人暮らしは、まず部屋探しから始まり、
住む部屋が決まったら、必要な家具やインテリアを揃えることになります。
インテリアは住まいの雰囲気などを決定づける大切な要素ですので、
インテリア選びの際には、まず、部屋の全体のイメージや
どんな感じの部屋にしたいのかというコンセプトを決めましょう。
一人暮らしの部屋のコンセプトを決めるポイントは3つあります。
@部屋全体の見た目のイメージ。
温かい感じ・クールな感じ・レトロで落ち着いた大人の感じ、など、
部屋全体の色・雰囲気をイメージして見た目のイメージを決めます。
A自分の部屋での過ごし方
普段の生活の際の部屋での過ごし方についてイメージしてみましょう。
普段、家に帰って仕事をする・一人でくつろぐ・友達と騒ぐ、などの
それぞれのコンセプトの違いによって、
部屋に必要な家具・インテリアが浮かんでくると思います。
B家具のもつ風合い・質感
家具のもつ風合い・質感によって部屋のイメージは大きく変わります。
そこで、家具を選ぶ際には、家具のもつ風合い・質感について、
例えばアジアンテックな家具・レトロ調な感じの家具
・デザイン性のある家具・ナチュラルな白木の家具、など
予め決めておくとよいでしょう。
いずれにしても、一人暮らしの部屋のインテリア選びは、
自分のライフスタイルに合わせたコンセプトに沿って
家具やインテリアをそろえていくとよいでしょう。
インテリア選びのコンセプトが決まったら
実際に家具やインテリアを選ぶことになりますが、
ひとり暮らしの部屋のインテリアの必須アイテムは何でしょうか。
まず、壁掛け時計はインテリアとして重要なアイテムです。
壁掛け時計は、部屋の大きさや雰囲気、
他のインテリアとのバランスを考えて選びましょう。
また、ソファーは一人暮らしではかなり重要なアイテムですので、
大きさや機能面など、ライフスタイルに合わせて選ぶことが大切です。
鏡(姿見)も一人暮らし生活の必須アイテムですね。
出かける前に自分の着こなしのバランスをチェックしたりするのに
姿見サイズの鏡は必須のアイテムといえます。
一人暮らしの部屋の家具やインテリアを揃える場合、
注意するべきことは、部屋の広さ相応のインテリアや家具を揃えないと
せっかくの一人暮らしの生活空間が窮屈なものになってしまいますので、
家具やインテリアは一度に一式全部を揃えずに、
必要に応じて買い足していくようにした方がいいと思いますよ。

中古リサイクルショップサイトの活用で一人暮らし新生活の準備を


一人暮らしの新生活に向けた準備には、部屋探し以外にも
家具や家電製品の新調や買い替えなどの準備が必要です。
一人暮らし用の家具や家電製品を買いそろえる場合、
ひととおり一式を揃えようとすると結構なお金がかかりますよね?
そこで、一人暮らし用の家具や家電製品を揃えるのに
最近注目されているのが中古品を扱うリサイクルショップ活用です。
一人暮らし用の家具や家電製品を扱うリサイクルショップは、
最近ではインターネット上の専門サイトも充実してきているので、
近所にリサイクルショップが見当たらないという方でも、
一人暮らし用の家具や家電製品の中古情報を気軽に検索できますよ。
また、リサイクルショップでは中古品を扱うという性質上、
店頭にどんな家具や家電製品の中古品が展示販売されているかは
実際にリサイクルショップの店頭に出向いてみなければ分かりません。
そのようなことから、無駄足になることを嫌って
リサイクルショップの利用を敬遠してきた方も多いようですが、
ネットのリサイクルショップのサイトを利用すれば、
販売されている中古家具や中古家電製品の在庫状況が分かりますから、
非常に便利なことで人気が出ているようです。
ネットのリサイクルショップのサイトとして主なものとしては、
まず、楽天市場の中古情報検索が便利だと思いますよ。
 ⇒ 楽天市場中古情報検索結果はこちら♪
探したい商品ジャンルを絞りこんでいけば、
希望の商品の中古販売情報にすぐに辿り着くことができます。
楽天市場での中古品の出品者は原則的に法人ですから、
ネットオークションなどと違い取引トラブルの心配もありません。
楽天市場では中古品の品ぞろえも非常に豊富ですが、
人気商品はすぐに売れてしまう場合も多いので、
こまめにサイトをチェックするようにしてくださいね。
 ⇒ 楽天市場中古情報検索結果はこちら♪
 ⇒ 例えば楽天市場で「中古 家具」で検索すると…
 ⇒ 例えば楽天市場で「中古 冷蔵庫」で検索すると…
こんな感じで必要なジャンルでキーワードを絞り込んで検索すれば
あなたの欲しいジャンルの商品が簡単に見つかりますよ。
楽天市場以外では、首都圏を中心に35店舗を展開する
大手リサイクルショップのトレジャーファクトリー(TF)も、
ホームページのWEBサイトで各店舗ごとの中古情報を検索できます。
また、他社を含め全国17,000店のリサイクルショップが検索できる
うるハビ.comというサイトも運営しているのも特徴で、
消費者の口コミ情報も掲載されていますので覗いてみるといいでしょう。
また、自宅近くのリサイクルショップの情報を探すなら、
NTT番号情報の地域情報検索サービス「iタウンページ」が便利です。
検索可能なリサイクルショップ店舗数は全国約17,000店で、
各店の個別情報や地図上の一括表示なども利用可能です。
また、新生活を始めるにあたっては
不用品の処分をしなければならない場合もありますよね?
そんな時に便利なのが、不用品の売却をネットで査定が受けられる
ディー・エヌ・エー(DeNA)が運営する不用品買い取り専門サイト
「おいくら」です。
不用品買い取り専門サイト「おいくら」の一括見積もり機能は、
不用品売却の際の買い取り相場を知るにも便利ですよ。
不用品売却の際は、業者に足元を見られて買い叩かれないよう
ゆとりを持って依頼をするのがコツです。
一人暮らしの新生活に向けての家具や家電製品の新調や買い替え、
また不用品の処分には、これら中古リサイクルショップのサイトを活用し
節約できるところは節約していくのが一人暮らし生活の準備のコツです。

初めての一人暮らしの準備のコツとポイント


春の季節は大学進学や就職をきっかけに親元を離れて
一人暮らしを始める方の多い季節です。
初めてのひとり暮らしに胸を希望で膨らませつつも
ひとり暮らしの不安も少し頭の片隅にこびりついて離れない
そんな方も多いのではないでしょうか?
そこで、初めてのひとり暮らしを快適なものとするために
初めての一人暮らしのコツについて紹介したいと思います。
まず、一人暮らしをするためには住居探しから始まります。
ひとり暮らしをするうえで、どのエリアに住むのか?
家賃はいくらまでなら払えるのか?希望の間取りは?
など、ひとり暮らしの住まい選びにはチェックポイントがありますが、
最近ではインターネットへの接続環境やデジタル放送など
テレビ放送の受診環境もチェックが必要ですよ。
また、女性の一人暮らしの場合は
防犯対策など安全面の確認もとても大事になります。
快適な初めての一人暮らしを始めるために、
ひとり暮らしの部屋を探す場合には、
色々な不動産屋の情報を収集することはもちろんですが、
実際に物件を見てから決めるようにしましょう。
ひとり暮らしをする部屋を下見するときのチェック項目は、
間取り・給湯設備・照明機器・洗濯機置き場
・キッチンスペースの確認などです。
他の部屋の住居人がどんな年代の人が多いか聞くことも大切です。
それから周辺の住環境にも注意してくださいね。
昼と夜で部屋の周囲の環境が変わっていることがありますので
時間や曜日を変えて周辺環境をチェックすることも必要です。
昼間は人通りも少なく、静かな環境だったのに、
夜は酔っ払いや騒音で寝ようにも眠れないということもあります。
不動産屋の営業マンにも周囲の環境のことを聞いてみるようにしましょう。
初めて不動産屋に行く人は、自分1人で行くよりも
頼りになる人や新しく住む地域のことを知っている人と一緒に行く
など相談できる人と一緒に行く方がよいでしょう。
何しろ初めての一人暮らしですので、
住居選びは慎重に行うに越したことはありません。
信頼の置ける不動産屋を利用することも大切です。
地元で長く経営されている不動産屋であれば、
その地域のことを良く分かっていますので安心できます。
ひとり暮らしを始めるには予算を考えることも必要です。
実際にどれくらいのお金が必要になるか
一人暮らしの資金をシミュレーションしてみましょう。
住む住居が決まり引越しをするという段階になったら、
大体どれくらいの料金がかかるか見積もりを取ってもらいます。
引越し料金は曜日や時間帯によっても変わりますし、
割引サービスを受けられることもありますので、
引越し業者に詳しく尋ねてみると良いでしょう。
引越し料金を安くあげたいということであれば、
平日の引越しが割引サービスを受けられるのでお得です。

一人暮らしの部屋はどの程度の広さの間取りが必要か


一人暮らしの部屋の広さと間取りについて考えてみましょう。
一人暮らしであるなしに関わらず部屋の間取りは広い方がいいですが、
部屋の間取りは広ければそれだけ賃料も高くなりますので、
一人暮らし向きの代表的な間取りは「ワンルーム」「1K」「1DK」
といったところが現実的な選択肢になるのではないでしょうか。
物件のつくりにもよりますが、部屋の専有面積で比較すれば、
「ワンルーム」「1K」「1DK」の順に専有面積は広くなる傾向があります。
では、間取りのタイプごとに特徴を解説していきます。
まず「ワンルーム」ですが、ワンルームタイプの部屋は、
キッチンも居室内の1室にまとまっている間取りになります。
キッチンとの仕切りがない分、居室が広くなる場合もありますが、
室内に置く家具・家電が、すべて同一スペースに収まることになり、
部屋に生活感が出やすくなります。
また、ワンルームは玄関から部屋全体が丸見えになりますし、
水周りや玄関の臭いが気になるという場合もありますので、
ワンルームタイプの部屋はお洒落な居住空間にはなりにくいですが、
家賃が最も安い物件が多いのもワンルームタイプの特徴です。
一人暮らしの部屋は基本的に「寝るだけの場所」と割り切れば
ワンルームタイプの部屋は最も経済的ともいえます。
次に「1K」タイプの部屋の特徴を解説します。
「1K」のKはキッチンのことで、「1K」タイプの部屋は、
キッチンの水回りと居室が、壁や扉で仕切られている
というタイプの間取りになります。
「1K」タイプの部屋ですと、居室とキッチンが仕切られているため、
居室を独立した空間として演出しやすくなりますが、
キッチンスペースが狭いことが多いため、
キッチン関係の調度品を居室に置かざるを得ないことも多いようです。
最後に「1DK」タイプの部屋の特徴を解説します。
「1DK」のDKはダイニングキッチンのことで、
居室のほかにダイニングキッチンがあるタイプの間取りです。
調理スペースとしてだけでなく、ダイニングとして食卓の用途にも使える
スペースが広めの独立したキッチンがあるタイプの部屋ですので、
各部屋を目的に応じて使い分けることができます。
料理をよくする自炊派の方や、友達を呼んで一緒に食事をする機会が多い
という一人暮らしの人におすすめの間取りといえるでしょう。
実際に一人暮らしの部屋を選ぶ際にどのタイプの間取りにするかは、
住む人のライフスタイルによって異なってくると思います。
部屋で生活する時間が短く外出しがちの人などは、
一人暮らしの部屋は寝るだけの場所になるでしょうから、
間取りや広さには多少目をつぶって家賃を節約し、
浮いたお金を外で行動する資金にするほうがいいと思います。
一方で休日など家で過ごすことが好きな人は、
予算の許す限り間取りや広さにこだわって部屋を選びましょう。
また、家での時間を大切にしたい人は日当たりも重視してください。
居室は実際に一番長くいるスペースですから、
自分にとってくつろげる間取りであるかどうか確認しましょう。
なお、部屋選びのもうひとつのポイントとして、
デザイナーズマンションに多く見られるような、
壁の一部が斜めになっていたり、弧を描いているような
変形間取りの部屋の形は、個性的な空間をつくりだせる間取りですが、
思わぬデッドスペースが出て使い勝手が悪いこともありますので
その点では注意が必要です。
一人暮らしの間取りでは、収納もチェックポイントのひとつです。
収納が少なくて荷物が部屋にはみ出していると部屋が狭くなるので
収納は大きければ大きいほど便利です。
以上の点に注意して一人暮らしの部屋探しは入念な下見から始めましょう。
物件選びには、物件の外観や立地条件も大切です。
部屋の内部が建物の外からあまりにも丸見えの場合、
一日中カーテンを引いたままになる恐れもあるので、
建物の外部からの自分の部屋の見え具合を確認することも大切です。
また、物件の周辺環境がどうなのかについては、
朝方、昼間、夜間など時間帯や平日、休日と曜日によってどうなのか
ということについても、よく考える必要があります。
自分が実際にそこで生活することを想定してシミュレーションし
快適な一人暮らしができる間取りの部屋を選びましょう。

女性が通り魔に狙われやすい行動と服装とは?


女性の一人暮らしでは防犯対策が非常に重要ですが、
女性の場合、ひとり暮らしであろうがなかろうが、
通り魔などに襲われないように日々の行動や服装など
防犯対策には注意を払う必要があると思います。
そこで、今回は女性が通り魔に狙われやすい行動と服装
という観点から女性の一人暮らしの防犯対策を解説します。
まず、通り魔などは、無差別に相手を狙っているように見え、
実際に犯行後も「相手は誰でもよかった」などと供述していますが
実際にはきちんと相手を選んで襲っているのです。
「相手は誰でもよかった」というのは、もう少し正確にいえば
「自分より弱そうな相手、襲いやすそうな相手なら誰でもよかった」
ということで、通り魔被害に遭うのは多くの場合、
老人や女性といった無防備で反撃しそうもない方々です。
そこで、女性の一人暮らしの防犯対策として
通り魔の被害に遭わないようにするために気をつけるポイントですが、
私は警戒していますという無言のアピールに心がけるようにします。
ひったくり犯は8割から9割が背後から接近してきます。
また、泥棒が侵入を諦める一番の理由は顔を見られた時です。
通り魔も、顔を見られたり警戒している相手を襲うことは避ける
という傾向が強いことから、人けのない道を歩いているときなど、
背後からの接近には壁を背にして振り返ることが効果的です。
逆に携帯電話の通話やメールに夢中になっていたり、
音楽を聴きながら無防備に歩いているなどは格好のターゲットです。
特に、最近のポータブルステレオのヘッドフォンは
周囲の音が聞き取りにくくなっていますので危険です。
服装にしても、勝ち組をアピールするような服装、
例えばブランド品で着飾っていたりするなどは、
格差社会に置いてきぼりにされた通り魔予備軍の神経を逆撫でする
という危険性も大きいため、無謀ともいえます。
また、スカートよりパンツルック、ハイヒールよりスニーカーの方が
女性と認識されにくく、狙われるリスクも軽減されます。
あまり神経質になりすぎるとお洒落もままならない、
ということにもなってしまいますが、少なくとも、
襲われるリスクというものを常に理解して、
気持ちの上での警戒を怠らない、ある意味野性的な警戒心を持つことが
これからは女性の一人暮らしでの防犯対策として必要だと思います。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。